美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2018/10/01

2019年秋冬は「バイカラーアイメイク」がトレンド!暖色×寒色の組み合わせで旬顔に♪

2019年秋冬は「バイカラーアイメイク」がトレンド!暖色×寒色の組み合わせで旬顔に♪

2019年秋冬は、アイシャドウとアイラインをあえて違う色にする「バイカラーアイメイク」に注目! そこで今回は、ヘアメイクアップアーティストの福池千鶴さんに、この秋トレンドのバイカラーアイメイクのやり方を教えてもらいました。

トレンドメイクにぴったりなアイテムはこれ!

トレンドメイクにぴったりなアイテムはこれ!

バイカラーアイメイクにチャレンジする際にぴったりなのが、アイシャドウ、アイライナー、アイブロウとしても使える「資生堂 カジャルインクアーティスト」。非常に鮮やかな発色が特長で、カラーライナーとして使えば印象的な目元、アイシャドウとして使えばナチュラルな目元など、様々な楽しみ方ができる便利なアイテムです。今回は、トレンドのレッド系×グリーン系を使ったバイカラーアイメイクを紹介しますね。

2018年秋のトレンド「バイカラーアイメイク」HOWTO

バイカラーアイメイク

1. 「カジャルインクアーティスト 04」で、上まぶたのキワに太めにラインを描き、付属のチップで二重幅全体にぼかします。

POINT!

カジャルインクアーティストを使うことで、目のキワにはアイラインとして濃く色が残りつつ、それ以外の部分はアイシャドウのような薄めの色になり、自然なグラデーションを簡単につくることができます。

バイカラーアイメイク

2. 「カジャルインクアーティスト 06」を使用し、目尻にダイヤモンド型のような太めのラインを描きます。まずは目尻から斜め上に向かって1㎝ほどラインを引いたら、二重の線のラインまで戻り、さらに目のキワまで戻ります。最後にラインの中を塗りつぶせばOK。この形でなくても、目尻に色をのせれば似た雰囲気になりますよ!

バイカラーアイメイク

3. 仕上げに「カジャルインクアーティスト 04」をチップに取り、眉毛に軽く色をのせたら完成。アイシャドウだけでなく眉毛にも同じ色を使うことで、アイメイクのまとまり感がアップして、さらにオシャレな印象に!

暖色であるレッドと寒色であるグリーンという色の組み合わせが、今っぽくて◎。見る人を惹きつけるオシャレで可愛いトレンドアイで、秋のメイクを楽しんでくださいね!

【使用化粧品】
資生堂 カジャルインクアーティスト 04、06

photo:鈴木花美 model:忍舞

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
福池千鶴

福池千鶴

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

資生堂の宣伝広告の撮影や国内ファッションショーのヘアメイク、広報活動で活躍中。現在、メイクアップブランド「マジョリカ マジョルカ」「インテグレート」など商品開発も担当。また、ヘアメイクスクールSABFA(サブファ)の講師もつとめる。
http://hma.shiseidogroup.jp/fukuike/

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 2019年秋冬は「バイカラーアイメイク」がトレンド!暖色×寒色の組み合わせで旬顔に♪