皮ふ科医に聞く ミニ知識
乾燥やシミ・ソバカス、ニキビあと… 肌に関するお悩みはさまざま。気になる紫外線や、アンチエイジング対策など、ふだんの生活でできるスキンケアや肌トラブルへの心がまえについて、第一線でご活躍中の皮ふ科の先生にお聞きしました。
皮ふ科医に聞くミニ知識HOME > 

花粉と肌の関係 II

花粉と肌の関係 II

花粉症が起こるメカニズム

花粉症の原因である花粉は、一年を通して飛散しています。春はスギやヒノキ、夏はイネ、夏から秋にかけてはヨモギやブタクサなど種類も多彩で、複数の花粉が原因になる場合もあります。
鼻、口、目から花粉が入ると、体がそれを異物として認識し、花粉(抗原)と反応する抗体がつくられます。そしてアレルギー反応(抗原抗体反応)を起こして花粉を排除しようとします。その際のアレルギー症状として、くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどが起こります。

アトピー性皮膚炎と花粉症の関係

花粉症の症状が皮膚にあらわれたものを花粉皮膚炎といい、花粉が皮膚に接触することで起こると考えられています。アトピー性皮膚炎の患者さんが花粉の接触をきっかけに発症するケースが多いですが、アトピー性皮膚炎ではない花粉症の方が発症する場合もあります。
後者の場合は、じんましんに似た浮腫性紅斑(圧迫すると消える、やや膨らんだ赤みがある発疹)が主ですが、前者の場合はそれに加えて全身にさまざまな紅斑(赤みがある発疹)や丘疹(膨らみのある小さな発疹)があらわれ、アトピー性皮膚炎が悪化する場合もあります。これらの症状があらわれた場合は、皮膚科を受診しましょう。

花粉飛散時期のスキンケア

特にスギ花粉が飛散する春先は、季節と年度の変わり目でもあり心身ともに不安定なため、肌トラブルが起こりやすい時期です。このような時期のスキンケアでは、肌への負担を減らすことがポイントです。また、スギ花粉は角層を通過できないので、皮膚バリア機能を保つことが大切です。
肌に負担の少ないクレンジングや刺激の少ない化粧水を使って、シンプルなケアに留めましょう。皮膚のバリア機能を保つため、保湿と紫外線対策を怠らないことも重要です。

外出時と屋内での花粉対策

外出時は、花粉がつきやすいウール素材の衣類を避け、眼鏡、マスク、帽子、スカーフなどを着用することで、花粉が肌に直接つかないようにします。帰宅したら、玄関の前で体や衣類に付いた花粉を払い落とし、家に入ったらうがい・手洗いだけでなく、シャワーなどで露出部を洗い流せるとベストです。
日常生活ではバランスのよい食事、適度な運動、十分な睡眠、ストレス解消に努め、免疫力を低下させないことが大切です。

教えてくださったのは
花粉と肌の関係 II|東京都 世田谷区 東松原皮フ科 院長 水野惇子 先生

東京都 世田谷区

東松原皮フ科 院長 水野惇子 先生

日々の診療で皆様と一緒に健やかな皮膚を取り戻す喜びを共有できたら、それが東松原皮フ科の大きな力となって参ります。地域医療の発展のため、微力ながらお役にたてればと考えております。健康な肌、美を極める肌を追求し、小さなお子様からお年寄りまで、お気軽にお立ち寄りいただける「かかりつけ医」となれるよう努力して参ります。どうぞよろしくお願いいたします。

ページの上部に戻る
皮ふ科医に聞く ミニ知識TOPへ