美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2016/08/12

取り過ぎは逆効果!?あぶらとり紙の正しい使い方&選び方ですっきり美人♪

取り過ぎは逆効果!?あぶらとり紙の正しい使い方&選び方ですっきり美人♪

顔のテカリが気になるこの季節。メイク直しの必需品といえば、あぶらとり紙ですよね。でも、理想的な使い方ってご存知ですか? そこで、あぶらとり紙の正しい使い方&選び方を、資生堂Webビューティーコンサルタントの桜井理恵さんに教えてもらいました。

こんな使い方、しちゃってない? あぶらとり紙のNG行動

気温や湿度の上昇により、皮脂が過剰に分泌されてしまうとテカリやベタつき、化粧崩れの原因になります。そこで役に立つのがあぶらとり紙。しかし使い方を間違えると、かえって肌を傷つけるなど、肌トラブルの原因にも...。皮脂には乾燥や肌荒れを防ぐ役割などもあるので、皮脂量は適正に保つことが大切なんです。

<あぶらとり紙のNG行動>
・肌に押しつけて、ゴシゴシとこする
・肌にたたきつけて拭き取る
・皮脂が取れなくなるまで、何枚も使う

あぶらとり紙の正しい使い方

あぶらとり紙をきちんと使うことで、余分な皮脂を抑えて、さらさらとしたすっきり印象に導いてくれますよ♪

1. Tゾーンやあごなど、皮脂や汗が気になるところだけに、あぶらとり紙を優しく肌に当てる。
2. 指で軽く押さえるようにして、皮脂&汗を取り除く。

皮脂を取り過ぎると余計な皮脂分泌を促してしまうので、乾燥がちな部位には使わないなど、パーツを見極めましょう。

肌悩み別あぶらとり紙の選び方

あぶらとり紙にも様々な種類があります。あぶらとり紙によって仕上がりも変わってくるので、悩みに合わせて選ぶと◎。

くすみ&皮脂が気になる...くすみのもとになる皮脂もスッキリあぶらとり紙
資生堂Webビューティーコンサルタントに愛用者も多いこのアイテムは、くすみの原因になる酸化した皮脂もしっかり吸着。すっきりと余分な皮脂を取り除きます。

皮脂&汗が気になる...汗もスッキリあぶらとりフィルム
肌にぴったりフィットするフィルムタイプ。肌に優しく柔らかいのが特長で、皮脂だけでなく汗もすばやく吸収します。肌に必要な水分を残しながらお手入れができます。

特に汗が気になる...汗もとれるあぶらとり紙 010
皮脂だけでなく、汗までしっかり吸収します。ハンカチ四つ折分の大きめサイズが特長で、暑い日でも汗をしっかり拭き取れて使いやすいですよ。

いかがでしたか? あぶらとり紙を上手に使えばキレイに化粧直しができますよ。皮脂を抑えた後にミスト化粧水などで保湿できるとさらに◎。さらさら美肌を目指しましょう!

photo : shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webを通してお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。お肌の悩みや商品の使い方から今さら聞けない悩みまで、LINEを通じて気軽にご相談いただけます。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/lc/index.html

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 取り過ぎは逆効果!?あぶらとり紙の正しい使い方&選び方ですっきり美人♪