美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2016/09/30

化粧水の「さっぱり」と「しっとり」の違いって?スキンケア選びのコツを伝授♪

化粧水の「さっぱり」と「しっとり」の違いって?スキンケア選びのコツを伝授♪

化粧水や乳液、いざ買おう! という時にどれにしようか迷いませんか? しかも同じブランドの化粧水や乳液でも「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」に分かれているものがありまよね。「化粧水&乳液を買う時にどっちのタイプを選べばいいか悩む...」という人も多いようです。そこで今回は、資生堂Webビューティーコンサルタントの桜井理恵さんに、「しっとりタイプ」と「さっぱりタイプ」の違いと選び方について教えてもらいました。

「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」の違いって?

化粧水や乳液にある「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」ですが、使用感の違いのみのものが多く、使用感を変えるために成分の一部を変えているだけで、主な成分に大きな違いはありません。
さっぱりタイプであれば、軽い感触のテクスチャーで素早く肌になじみますし、清涼感があるものもあり、スーっと気持ちよく使えるものも多いです。しっとりタイプであれば、肌にフィットしてなじませた後も、もっちりとした肌感触が続きやすいです。とろみのあるテクスチャーであれば、ゴワついた肌にも柔らかくなじみますよ。

大切なのは、適量を使うこと!

さっぱりかしっとりか、感触のタイプは好みに応じてどちらを選んでもOK! でも、肌が乾燥しているから...としっとりタイプを選んだものの、しっとりとした感触に満足して少量でケアしまうのはもったいない! さっぱりタイプや、好みの感触の化粧水や乳液を選んで、適量でスキンケアを行う方が、本来の化粧品の効果が期待できるというもの。

どちらのタイプの感触がいいのか悩んでしまった時は、その化粧品の使用量の目安で試してみてください。理想的な使い方で感触を確かめられるため、自分の肌に合っているか、その感触を気持ちよく思えるか、などを判断できますよ。

いかがでしたか? 「オイリー肌だから、さっぱりタイプ」などと先入観を持たずに、毎日使うものだから、自分が気持ちいいと思える化粧水&乳液を選んで心地いいスキンケアを実践してみてくださいね。

photo : shutterstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webを通してお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。お肌の悩みや商品の使い方から今さら聞けない悩みまで、LINEを通じて気軽にご相談いただけます。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/lc/index.html

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 化粧水の「さっぱり」と「しっとり」の違いって?スキンケア選びのコツを伝授♪