美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2018/06/18

【奥二重向けアイシャドウ】腫れぼったいまぶたはラメの〇〇使いですっきり見せ

【奥二重向けアイシャドウ】腫れぼったいまぶたはラメの〇〇使いですっきり見せ

腫れぼったい目元印象に悩みがちな奥二重さん、アイシャドウ選びが難しい...なんて思っていませんか? そこで今回は、ヘアメイクアップアーティストの髙橋礼行さんに、奥二重の目元をすっきり見せるアイシャドウの選び方と塗り方を教えてもらいました。

奥二重のアイシャドウ。おすすめはこれ!

まぶたが腫れぼったく見える目元には、立体感を与えてまぶたにメリハリをつけると、重ためな印象をカバーすることが可能に。そこでおすすめなのが、光を味方につけること。肌なじみのいいベージュ系のラメやパール入りアイシャドウを上手に使ってまぶたを立体的に演出すると◎。まぶたをすっきり見せたいからと濃いブラウンなどで影を入れると、目元が重く見えてしまうので、ダークカラーではなくミディアムカラーをメインに使うことも重要ですよ。

ベージュのラメと濃すぎず絶妙なブラウンカラーがセットになっている、マキアージュの「ドラマティックスタイリングアイズ BE303」は、奥二重さんにもぴったりのパレット。瞳の色研究から生まれたブラウンが溶け込むように瞳の色になじんで、目元を自然に大きく見せてくれるから、小粒目な印象にお悩みな方にもおすすめです。

奥二重のアイシャドウHOWTO

1.薄めのブラウン(ミディアムカラー)シャドウをチップにとり、アイホールの半分くらいまで広げます。

POINT!

アイシャドウを塗っても、目を開くと奥二重の間に隠れてしまってどこまで塗っていいかわからないという人は、目を開けた状態で一旦色をのせ、その後伏目にして目のキワから先ほど色をのせた範囲までを塗っていくと、アイシャドウが隠れてしまった...という失敗を防ぐことができますよ。

2.濃いブラウンのシャドウを細いチップにとり、目尻にピタッとあてて色をのせます。こうすることで目尻部分が少ししまり、目元にメリハリが生まれます。

3.ベージュのラメシャドウを太めのチップにとり、黒目の上に縦線を引くようなイメージでなじませます。目を開いた時にラメシャドウが隠れないよう、二重線の上までしっかり入れましょう。

影色ではなく、光の効果で立体感を演出することが、奥二重をすっきり見せるアイメイクのポイントです。ツヤ感の出るラメやパールの光沢を味方につけて、奥二重の目元悩みをクリアにしてくださいね!

photo:鈴木花美 model:川原綾乃

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
髙橋礼行

髙橋礼行

資生堂アソシエイト トップヘアメイクアップアーティスト

1998年資生堂入社。広告・宣伝撮影のヘアメイク、NYや東京コレクションのバックステージなど多岐にわたり活躍。就活メイク、メンズビューティーなど、「明日から実践できるリアルでわかりやすいビューティー提案」に定評があり、国内外にて多くのセミナーを手掛ける。また、ヘアメーキャップスクールSABFAの講師もつとめる。
http://hma.shiseidogroup.jp/takahashi/

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 【奥二重向けアイシャドウ】腫れぼったいまぶたはラメの〇〇使いですっきり見せ