美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2019/01/21

【一重アイメイク】デカ目に見せるアイシャドウの選び方&塗り方徹底解説

【一重アイメイク】デカ目に見せるアイシャドウの選び方&塗り方徹底解説

一重の人にとって難しいのがアイシャドウの塗り方。どの範囲まで塗ればいいのか、どんな色を使えばいいのか、いまいちわからない...という人も多いはず。そこでヘアメイクアップアーティストの髙橋礼行さんに、一重をデカ目に見せるアイシャドウの塗り方や色選びを教えてもらいました。

一重向けアイシャドウ。選び方のコツは?

重く見えがちな一重さんは、アイシャドウで目元に立体感を出すことが重要です。そのため、透明感と軽さのあるブラウンで上手に陰影をつけるのがおすすめ。逆に濃い色や重い色を使うと、目を小さく見せてしまう可能性もあるので気をつけましょう。また、仕上げにハイライトを入れてメリハリをつくるのも大切ですよ。

一重向け。デカ目に見せるアイシャドウの塗り方

一重向け。デカ目に見せるアイシャドウの塗り方

1.ライトブラウンのアイシャドウをチップにとり、目を開けた状態で、まぶたのキワから2~3mm上に目印となる線をひきます。

POINT!

一重向け。デカ目に見せるアイシャドウの塗り方

こうすることでアイシャドウを入れる範囲(赤い斜線部分)が明確にわかり、自然なアイメイクに仕上がります。

一重向け。デカ目に見せるアイシャドウの塗り方

2.1で引いた目印の線から目のキワまでアイシャドウをのせます。その時、目印の線はしっかりぼかしてなじませましょう。

一重向け。デカ目に見せるアイシャドウの塗り方

3.下まぶたは、黒目の中央辺りから目尻まで上まぶたと同じアイシャドウをON。目尻部分は上下のアイシャドウで囲まず、開けるのがポイントです。

POINT!

目尻を「くの字」で囲むと、フレームが強調されて目が小さく見えてしまうためNG!

一重向け。デカ目に見せるアイシャドウの塗り方

4.最後に下まぶたの目頭から黒目の中央部分までに明るいベージュ系のアイシャドウでハイライトを入れたら完成です。

無理に影をつけて目を大きく見せるのではなく、抜け感やメリハリを出すことで目を大きく見せるのが、一重向けアイシャドウの正解。今までうまくアイシャドウを塗れなかった人も、これを参考にアイメイクを楽しんでくださいね!

【使用商品】
マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズD BR613

photo:鈴木花美 model:押方茉り加

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
髙橋礼行

髙橋礼行

資生堂アソシエイト トップヘアメイクアップアーティスト

1998年資生堂入社。広告・宣伝撮影のヘアメイク、NYや東京コレクションのバックステージなど多岐にわたり活躍。就活メイク、メンズビューティーなど、「明日から実践できるリアルでわかりやすいビューティー提案」に定評があり、国内外にて多くのセミナーを手掛ける。また、ヘアメーキャップスクールSABFAの講師もつとめる。
http://hma.shiseidogroup.jp/takahashi/

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 【一重アイメイク】デカ目に見せるアイシャドウの選び方&塗り方徹底解説