美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2018/11/05

保湿だけじゃダメ!?身体の乾燥をケアするには正しい洗い方が重要だった!

保湿だけじゃダメ!?身体の乾燥をケアするには正しい洗い方が重要だった!

冬は顔だけでなく身体の乾燥も気になる季節。ボディクリームなどできちんと保湿しているのに、カサカサが治まらない...なんてことも多いもの。「どんなにしっかり保湿をしていても、洗い方が雑だと、乾燥はどんどん進行してしまうんですよ!」と語るのは、資生堂Webビューティーコンサルタントの安田さん。そこで安田さんに、乾燥肌をケアする正しい身体の洗い方とおすすめアイテムを教えてもらいました。

乾燥をケアする正しい身体の洗い方3ポイント

ポイント① 洗浄料はしっかり泡立てて優しく洗う

身体を洗う際は、保湿成分配合のボディシャンプーや石けんをしっかりと泡立てて、ボディを包み込むようなイメージで洗うことが大切。ゴシゴシしたり肌をこすり過ぎたりすると、乾燥やかゆみにつながるので、優しく丁寧に洗いましょう。

ポイント② 脚や手先からマッサージするように洗う

また、心臓より遠いパーツから洗い始めることも大事。脚や手の先から心臓に向かって丸く円を描きながら、マッサージするように洗うと、心臓に全体の血液循環をよくして新陳代謝も高めることが期待できます。

ポイント③ 背中や胸は丁寧に洗い流す

身体の中心部分である背中や胸は、皮脂腺が多くニキビができやすいパーツ。優しく洗ったら、特に丁寧に洗い流すことを心がけましょう。

身体の乾燥におすすめ! ボディソープ2選

せっかくなら、ボディの洗浄料にもこだわって。保湿成分がたっぷり入ったものや、もこもことしっかり泡立つものをセレクトすると、乾燥肌をしっとり洗いあげられますよ。

d プログラム コンディショニングソープ

もこもこ泡立ち、肌をいたわりながら不要な皮脂や汚れをやさしく取り去り、清潔ですこやかな肌に整える固形ソープです。洗浄後の肌にかさつきやつっぱり感を与えず、ざらつき・毛穴の目立ち・ニキビを防ぎます。低刺激設計で、顔&ボディ用の石鹸です。

専科 パーフェクトホイップ フォーボディ

弾力のある濃密なうるおい泡で肌を包み込んで、うるおいを守りながらしっとりなめらかな素肌に洗い上げます。濃密な泡とフレッシュアロマの香りで至福のバスタイムが過ごせます。

身体を洗った後は、ボディローションやクリームでの保湿も忘れずに! 正しい洗い方を実践して、今年の冬は乾燥粉ふきに負けないうるおったボディを目指しましょう。

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webを通してお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。お肌の悩みや商品の使い方から今さら聞けない悩みまで、LINEを通じて気軽にご相談いただけます。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/lc/index.html

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 保湿だけじゃダメ!?身体の乾燥をケアするには正しい洗い方が重要だった!