美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2018/12/03

初心者向けカラーアイライン講座。おすすめの色&引き方3パターンで旬顔に!

初心者向けカラーアイライン講座。おすすめの色&引き方3パターンで旬顔に!

カラーアイラインが豊作な今シーズン。オシャレで可愛いけれど、どんな色を選べばいいのか迷ってしまったり引き方が分からなかったりして、まだトライできずにいる...という人もいるのでは? そこで今回は、カラーアイライン初心者でも使いこなしやすい色と、引き方のバリエーションをご紹介。さらに、一重&奥二重さんのための引き方も伝授。教えてくれるのは、ヘアメイクアップアーティストの西森由貴さんです。

カラーアイライン初心者には「ボルドー」がおすすめ!

さまざまなカラーアイライナーがあるけれど、なかでもおすすめなのは「ボルドー」です。肌なじみもよく、ブラウンのアイライナーの延長のような感覚で使えるので、初心者さんでも使いこなしやすいはず。また、ブラウンやベージュなどの定番アイシャドウとも相性がいいので、普段のメイクにプラスしやすいのも魅力。ぼかしたりアイシャドウのように使えたりもするので、ペンシルタイプをチョイスするのが◎ですよ。

カラーアイラインの引き方① 初心者でも取り入れやすいのは「目尻」

カラーアイラインの引き方「目尻」

黒目の外側から目尻に向かって、目の形に沿って引きます。跳ね上げたりせず、目尻部分でストップさせるとナチュラルな仕上がりに。初心者でも抵抗感なく取り入れられる引き方です。

カラーアイラインの引き方② 女っぽさがほしい時は「下まぶた」に

カラーアイラインの引き方「下まぶた」

下まぶたの目尻3分の1にボルドーのカラーアイラインを引くと、うるんだような瞳になり、色っぽい雰囲気に。上まつ毛にマスカラをたっぷり塗ると、上下のまぶたのバランスが整いますよ。

カラーアイラインの引き方③ 可愛らしさが欲しい時は「全体」に

カラーアイラインの引き方「全体」

目の形に沿って上まぶた全体に引き、細めのブラシや綿棒でぼかすと、ボルドーのアイシャドウをなじませたような雰囲気になり可愛らしい目元に。でも、目のキワにはラインがしっかり残るので、深みのあるアイメイクに仕上がります。

カラーアイラインの引き方④ 一重&奥二重は「目尻太め」に

カラーアイラインの引き方、一重&奥二重は「目尻太め」

アイラインのにじみを防止するために、最初に上まぶたにフェイスパウダーをなじませ油分をオフします。その後、黒目の中央から目尻に向かってアイラインを引きましょう。目尻部分は5mmぐらい長めに引き、跳ね上げると◎。

カラーアイラインの引き方、一重&奥二重は「目尻太め」

次に、正面を見た状態で、目尻からアイラインが見えるかどうかを確認。先ほど引いたアイラインを、見える位置まで太く塗りつぶします。

カラーアイラインの引き方、一重&奥二重は「目尻太め」

目尻にちらっとカラーアイラインが見え、オシャレな目元に!

悪目立ちせず取り入れやすいのに一気に旬顔になれるボルドーは、カラーアイライン入門編としてもピッタリ! さっそく取り入れて、トレンドメイクを楽しんでくださいね。

【使用化粧品】
資生堂 カジャルインクアーティスト 04

photo:鈴木花美 model:阿島ゆめ(1~4枚目)、押方茉り加(5~7枚目)

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
西森由貴

西森由貴

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

5年のサロン経験を経て、2014年資生堂入社。資生堂の宣伝広告や広報活動のヘアメイクに携わり、「マキアージュ」や「インテグレート」などのブランドを担当。NY・パリ・東京コレクションでも活動中。
http://hma.shiseidogroup.jp/nishimori/

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 初心者向けカラーアイライン講座。おすすめの色&引き方3パターンで旬顔に!