美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2023/12/11

【冬のおすすめ保湿クリーム12選】寒がりの肌は深い保湿でいたわりを!

【冬のおすすめ保湿クリーム12選】寒がりの肌は深い保湿でいたわりを!

乾燥に加えて、気温の低下や冷たい風などにより、血液循環の不順や肌の働きの低下が起こりやすいこの季節。そのため、肌荒れや、小じわなどのエイジングサインが気になったりすることも...。そこで、肌の働きをサポートし、しっとりふっくら美肌に導くおすすめクリーム&クリームの効果的な使い方をご紹介します。

<目次>

① 最近、肌にこんなこと感じませんか?

まずは、セルフチェックで今の肌状態を確認してみましょう。

✅ 化粧水や乳液を使っても乾燥が気になる...
✅ うるおいを与えても、すぐに逃げてしまう...
✅ 肌全体に生きいきした感じがしない...
✅ 目元や口元の乾燥ジワで年齢を感じてしまう
✅ ファンデーションを塗っても粉っぽく仕上がる

上記の項目に当てはまるものがあれば、特別な保湿ケアを取り入れてみてはいかがでしょう。

② 「保湿クリーム」の役割って?

化粧水&乳液の基本ケアをしていても乾燥してしまったり、目元や口元の乾燥ジワが気になったり...、そんな時に頼りになるのが「保湿クリーム」です。

クリームには以下のような働きがあります。
●肌表面を密封し、うるおいが逃げないように守って持続する
●肌を内側からすこやかに保つ

クリームは、密封効果によって、まるで1枚ヴェールができたように肌を保湿し、美肌成分を与え、生きいきとした印象肌に導いてくれる、冬に欠かせない特別なアイテムです。気になるけれどまだ使っていない...という人のために、毎日の保湿ケアにぜひプラスしてほしい「クリーム」の魅力をお伝えします!

③なりたい肌に合わせて選べる! おすすめ保湿クリーム12選

ここからは、この季節におすすめしたい資生堂のクリームをご紹介します。保湿がメインのクリームはもちろん、エイジングケアや美白ケアができるもの、目元&口元用、みずみずしいテクスチャーのものなど、さまざまなタイプをピックアップしているので、なりたい肌や好みの使用感に合わせて選んでください。

【クレ・ド・ポー ボーテ】内側から輝きを放つような肌へ

唯一無二の輝きで満たす、ハイパフォーマンスクリーム。豊かなうるおいと、あふれだすようなハリ・弾力をもたらし、使うたびにうるおいに満ちた肌へ導きます。

総合的な目元の悩みに対応する目元用クリーム。深刻な目元の悩みにアプローチし、乾燥小ジワを目立たなくさせます。なめらかでふっくらとしたハリと若わかしい表情へ導きます。

 

【ベネフィーク】パワーをくれる肌。

深いうるおいとハリ・弾力をめぐらせ、ハリ密度の際立つクリアで明るい肌に導く薬用クリーム。べたつかない使用感や、角層深部まで満たされるような感触も◎。

シワ改善とシミ予防、両方にアプローチし、目元印象をすっきりさせる薬用アイクリーム。のびがよく、なじませやすい点も魅力です。

 

【SHISEIDO】ハリも美白も妥協したくない女性のためのバイタルパーフェクション

引きしまったハリと明るさのある肌へ導くクリーム。シルクのようにきめ細かなクリームが豊かなうるおいで肌を満たし、乾燥小ジワを目立たなくし、ハリのなさなど肌のエイジングサインをケア。さらに、美白有効成分「4MSK*」配合により、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎます。
*4-メトキシサリチル酸カリウム塩

シワ改善と美白*のダブル効果で、若わかしい輝きを放つ肌へと導く部分用クリーム。有効成分が角層深くまで浸透し、目まわりや口元や首元などの異なるシワにアプローチ。同時にメラニンの発生源を狙い撃ちし、シミ・そばかすを防ぎます。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと

 

【エリクシール】ハリと透明感を満たし、「つや玉」が輝く肌へと導く

しなやかなハリを失いがちな大人の肌に。たっぷり深いうるおいとハリで満たし、自然な笑顔が輝く、豊かな表情へと導く美容濃密クリーム。こくのあるリッチなテクスチャーも◎。

ヒアルロン酸を生み出し、水分量を増やすことで柔軟な肌に導き、しわを改善する初めての薬用有効成分、「純粋レチノール*」を配合。しわを気にせず、「つや玉」輝く、明るい表情に導きます。
*レチノール

【エリクシール】肌のすみずみまで、たっぷりのうるおいとハリで満たすクリーム

先進の皮膚科学研究にもとづき、肌にハリをもたらす要素に全方位アプローチ。独自技術トータルVテクノロジーが、肌を引き締め、使うたび「つや玉」輝く上向きの表情へ。

たったの58秒! 肌をグッと引き上げる手技『Vビルドメソッド』

【STEP1】 ウの口をつくるように口をすぼめます。あご先〜耳の下、 口角〜耳の横まで3カ所ずつ、 肌を押してから上に持ち上げ3秒キープします。

【STEP2】 イの口をつくるように口角を横に引きます。あご先~耳の下、 口角~耳の横まで3カ所ずつ、肌を押してから上に持ち上げ3秒キープします。

【STEP3】手のひら全体で、 フェイスラインから目の下を通り、こめかみに向かって肌を引き上げます。 10秒キープします。

 

【エリクシール】肌を引きしめキメの整った毛穴の目立たない肌へ

ぽつんとニキビを防ぎ、うるおい続くみずクリーム。みずみずしいクリームを、肌にのせるとさらさらにチェンジ。朝も夜も気持ちよく使えるから、べたつきが苦手...という人にもおすすめです。皮脂と水分のバランスを整えてうるおいが続くのはもちろん、ニキビを防ぐ効果も。
*ファースト エイジングケアとは、今からはじめる年齢に応じたうるおいケアです。

 

【プリオール】大人の肌をいきいきとした美活ハリ肌へ

サプリ感覚で毎日朝・夜使えるリッチ美活クリーム。年齢とともに不足しがちなうるおいを充実補給。いきいきとした美活ハリ肌を長時間保ちます。心地よいアロマブーケのほのかな香りで、スキンケアの時間が楽しみに!

 

【d プログラム】敏感肌OK! 肌荒れ予防ケアと密封ケアでしっとり美肌

肌荒れ予防ケアとうるおい密封する低刺激設定の保湿クリーム。角層の深部にうるおいを閉じ込め、肌表面はべたつかず、まるでうるおいの蓋をしたようなしっとり感が続きます。さらに、肌荒れ予防ケアも。低刺激設計なのでデリケートな肌にもうれしいなめらかな使い心地です。

 

④クリームの効果的な使い方

肌全体にまんべんなくクリームを届けるためには、適性の使用量となじませ方を正しく守ることが大切です。

<使用量>

クリーム:パール粒1コ分

<なじませ方>

なじませ方

【STEP1】化粧水や乳液などで保湿ケアした後にお手入れの仕上げとしてなじませましょう。

【STEP2】指の腹で適量をとり、左右のほお、額、鼻、あごの5カ所に置きます。

【STEP3】ほおなどの広い部分からはじめ、顔の中心から外側に向かって、下から上へ向かってすみずみまでていねいになじませましょう。

クリームの使い方を動画でチェック♪

クリームを使ったマッサージで皮ふ温もアップ⁉

クリームを使ったマッサージで皮ふ温もアップ⁉

気温が下がり、肌も冷たくなりやすいこの季節。そんな時は、いつもの保湿ケアにひと工夫を。クリームをなじませる時、マッサージするようになじませるのも◎。資生堂の調査によると、「マッサージ」を行った直後に皮ふの温度は上がり、血行が促進されていることもわかっています。

また、お手入れ前に手を温めたり、深呼吸しながら背伸びをしたり、ゆっくり肩をまわしたりなど、身体全体の血のめぐりをよくすることもとても効果的です。暖房などで外側から温めるより、自分の体温を使って内側から温める方が、身体はずっと早く温まるので、ぜひ取り入れてみてくださいね!

▶︎寒い冬におすすめ関連記事
「化粧水、冷たっ...(泣)。寒い日は『ぬくぬくスキンケア』で無理せず、楽しくお手入れを♪

クリームをなじませながらできる「リズムテンポマッサージ」

「リズムテンポマッサージ」とは、みなさんご存知の「大きな古時計」のリズムに合わせて手を動かすことで簡単にできるマッサージ。 マッサージクリームで、持っていない人も保湿クリームがあればできるテクニック要らずなところがうれしいポイントです。

リズムテンポマッサージのやり方を動画でチェック♪

顔の中心から外に向かって円を描くように。ほおはたるみやすいのでやや力を入れて持ち上げるように。自分が心地よいと思う強さで、リズムに合わせて手を動かしましょう。

⑤クリーム使いをもっと効果的に! 悩みに合わせたスペシャルケア方法

クリームをもっと賢く使っていただくために、保湿ケアの延長でできる効果的な方法をご紹介。マッサージするようになじませるだけで、たちまちスペシャルケアが実現できますよ♪

<使用量&ポイント>

使用アイテム:顔全体に使用できる保湿クリーム
使用量:適正使用量の約2倍の量(指がすべりにくくなったらつけ足します)
ポイント:心地よく痛きもちいい強さで行いましょう(力が入りにくい時は、ひじをついて行うと楽にできます)

ほおやあごの「たるみ・ゆるみ」で悩む前に!

ほおやあごの「たるみ・ゆるみ」で悩む前に!

【STEP1】親指の水かき部分をあご先に合わせ、親指であご先から耳の下に向かってフェイスラインの下(脂肪のつきやすいところ)をすり上げます。(×6回)

【STEP2】3本指と親指でフェイスラインをはさみ、あご先から耳の前までフェイスラインの上をすり上げます。(×6回)

ほおやあごの「たるみ・ゆるみ」で悩む前に!

【STEP3】ほおを3カ所に分けて、①~③の順に、4本指でフェイスラインからほお骨の下のくぼみまで持ち上げます。(1カ所×各3回ずつ)

【STEP4】4本指全体をフィットさせ、エラの部分からこめかみまで持ち上げます。(×6回)

「ほうれい線」で悩む前に!

「ほうれい線」で悩む前に!

【STEP1】中指で、ほうれい線の終わり(①)から小鼻に向かってすり上げます。
その後、小鼻のわき(②)から眉間に向かってすり上げます。(×各6回)

【STEP2】4本指を揃えて、人差し指をほうれい線に合わせます。(ヤッホーのポーズ)
ほうれい線を横にのばすようにして、手のひらをほお全体にフィットさせ、斜め上に向かって引き上げます。(×6回)

「しわ」で悩む前に!

「しわ」で悩む前に!

【STEP1】中指と薬指を使い、額の中央から引き上げるようにらせんを描き、こめかみを押さえます。(×3回)

【STEP2】目の下から目尻に向かって、軽く指をすべらせます。(×3回)

【STEP3】上唇のしわをのばすように外側に引き、下唇は口角を引き上げます。(×3回)


乾燥が気になる季節でもしっとりふっくら肌をキープする秘訣は、クリームにあり! ぜひ毎日のスキンケアにプラスして、生きいきとした美肌を手に入れてくださいね。


★ご紹介したアイテムは、お近くの化粧品専門店でもお取り扱いしています★


動画モデル:まいやん(資生堂パーソナルビューティーパートナー)


[あわせて読みたい記事]

▶︎気になる「ほうれい線」に簡単マッサージ!むくみ&たるみを予防するおすすめアイテムも♪
▶︎化粧水、冷たっ...(泣)。寒い日は『ぬくぬくスキンケア』で無理せず、楽しくお手入れを♪【ここちよいうるおいVol. ①】


*美白化粧品は、メラニンの生成をおさえ、シミ・そばかすを防ぎます
*エイジングケアとは、年齢に応じたうるおいケアのことです

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 【冬のおすすめ保湿クリーム12選】寒がりの肌は深い保湿でいたわりを!