美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2023/03/27

【2023年春夏トレンドメイク】キーワードは「下まぶたボリューム」と「ツヤ&輝き」!

【2023年春夏トレンドメイク】キーワードは「下まぶたボリューム」と「ツヤ&輝き」!

トレンドの最先端で活躍する資生堂のヘアメイクアップアーティストが、コレクションや国内女性雑誌&SNS傾向、ヒアリング調査などから、メイクアップの傾向を分析! 2023年春夏のトレンドメイクをご提案します。

<目次>

2023年春夏のメイクトレンドは?

韓国&中国メイクの影響を受けて、下まぶたにボリュームを出し、中顔面(目の下から唇)を短く見せる意識が強まっています。また、23SSコレクションで見られたようなメタリックやグリッターなどの輝きにも注目!

そこでこの春夏は、シルバーラメを下まぶたにのせてアクセントに、マットとツヤ、くすみカラーと血色カラーを組み合わせてつくる甘さと色気を感じるメイクアップを提案します。

2023年春夏トレンドメイクのやり方&おすすめアイテム

【FACE】上質ラメのハイライトでリッチな立体感を

ベースメイクではハイライトを効果的に見せるためにソフトマット肌に仕上げます。ハイライト効果のあるチークを広範囲にのせて繊細な立体感を与え、色味は淡いピンクを使うことで色気と甘さを演出します。 さらに、輝度の高いツヤを部分的にプラスすることで、 上質な立体感のある肌づくりに。

HOW TO

【FACE】上質ラメのハイライトでリッチな立体感を

1.顔の中心をメインにトーンアップ効果のある下地を塗布します。
2.下地同様、顔の中心をメインにファンデーションを塗布し、フェイスラインは薄くのばしなじませます。トラブルの気になる部分は重ねて塗布します。
3.ブラシでパウダーを塗布し、セミマットに仕上げます。
4.ハイライトチークを、黒目の下を起点に広範囲(赤色点線部分)にぼかします。
5.ハイライトを小さめのブラシに取り、鼻根部と鼻先、あご先(青色点線部分)にのせます。

\使用したアイテムはこちら/
ワントーン明るく♪ 毛穴レスくずれ防止下地

テカリ・カサつきをダブルで防ぎ、スキンケアまで叶う毛穴レスくずれ防止下地。ラベンダーカラーで透明感をアップし、ワントーン明るい肌へ導きます。毛穴補正効果や使うたびうるおうスキンケア効果など、嬉しい効果もたっぷりです。

 

フレッシュで美しいツヤ肌を長時間キープ♪

アクティブフォーステクノロジーで、汗、皮脂、動きが引き起こす化粧崩れを防ぎ、自然な仕上がりが持続します。

 

シルクのようなすべすべ肌に仕上げるフェイスパウダー

スキンケア成分でコーティングしたパウダーで、粉っぽくならず肌になめらかにフィット。テカリを抑え、小ジワや毛穴の目立たないシルク肌に導きます。

 

内側から輝くような立体感を演出するチークパウダー

繊細なパールが上質なツヤを演出し、内側から輝くような立体感を与えます。淡いピンクでほんのり血色感もプラスできますよ。

 

濡れたようなつやと明るさが続く、美容液ハイライト

濡れつやヴェール処方で繊細に輝くパールがなめらかにのび広がり、濡れたようなつやと明るさが続きます。

 

【EYES】下まぶたにボリューム感を

下まぶたボリュームのスモーキーアイ。アイシャドウはピンクブラウンを使い色気を与えます。下まぶたはよりブラウンを強調し、アイラインをやや下げ気味に引くことで、ほおを短く見せ、小顔効果を演出! シルバーのラメを下まぶたにのせることで、うるんだ瞳のようなアクセントをプラスします。

HOW TO

【EYES】下まぶたにボリューム感を

1.ピンクとブラウンのアイシャドウをミックスして、上下のまぶた全体(白色点線部分)にふんわりとぼかし広げます。
2.下まぶたの黄色点線部分にブラウンを重ね付けしてボリュームを与えます。

【EYES】下まぶたにボリューム感を

3.アイシャドウと同系色の赤みブラウンのアイライナーで、目頭と目尻にのみ(赤色点線部分)にポイントで入れ、目尻はやや下げ気味で長めに引きます。中間を抜くことで抜け感のある印象に♪
4.下まぶたのきわ(青色点線部分)にシルバーのアイシャドウを細めにのせ、輝きをアクセントにします。
5.アイラッシュカーラーでまつ毛をカールし、セパレートするように根もとからていねいにマスカラを塗布します。

\使用したアイテムはこちら/
ピンク×ブラウンのスモーキーアイを叶えるアイシャドウ

パウダーとジェルが融合したユニークなテクスチャーと、見たままの発色が魅力。08と11をミックスして使うことにより、絶妙なピンクブラウンに♪

 

目もとになじむ、プラムカラーのアイライナー

重力を忘れさせるクリーミーなテクスチャーと極細の軸先で、繊細なラインを正確に引くことができますよ。

 

輝きのアクセント使いにぴったりのアイシャドウ

ポイント使いにぴったりのシルバーカラーのアイシャドウ。今回は下まぶたに使用してうるんだ瞳を演出しました。

 

まつ毛ケアまでできる美容液マスカラ

まつエク級のロング&カール。つけている間中まつ毛を集中補修して、使うたび、ハリ・コシのあるまつ毛に導きます。

 

【BROWS】毛並みを際立たせた軽やかな眉に

ボリュームのある目もとに合わせた抜け感のある眉。ペンシルやパウダーは最小限に、暖色系の眉マスカラで、あえてすき間のある眉に仕上げます。

HOW TO

【BROWS】毛並みを際立たせた軽やかな眉に

1.眉頭の下から目頭のくぼみにかけて(赤色点線部分)、ノーズシャドウを入れて立体感をプラスします。
2.眉は軽やかにマスカラで仕上げます。暖色系の眉マスカラで、眉頭は真上に、中間から眉尻にかけて放射状に毛流れを整えます。大きく毛が欠けている部分は、自眉に近い色のペンシルで1本1本描き足します。

\使用したアイテムはこちら/
混ぜ合わせて好みの色がつくれるアイブロウパレット

5色のカラーが入ったアイブロウパレット。今回は、右から2番目のカラーをノーズシャドウとして使用しました。混ぜて好みの色をつくることもできる万能アイテム。

 

自然に色付けできる眉マスカラ

眉を固めることなく自然に色が溶けこみ、立体的な美しさが長時間持続。小回りが利く小さめブラシも◎。

 

パウダー&ブラシが一体型のアイブロウペンシル

ペンシル、パウダー、スクリューブラシが一体化したアイブロウペンシル。"描く" "ぼかす" "なじませる" をこの1本で! 自然でキレイな立体眉に仕上げられます。

 

【LIPS】血色ブラウンのレイヤードリップ

リップは肌なじみのよいくすみカラーのアイテムを選び、ふっくらとボリュームを出すことで、自然に重心を下げた仕上がりに。影色ブラウンと血色カラーの2色を組み合わせることで立体感も演出し、ほんのり色気をプラスします。

HOW TO

【BROWS】毛並みを際立たせた軽やかな眉に

1.マットタイプのブラウンカラーを、指やブラシで唇全体にふんわりぼかし広げ、輪郭はややふっくらと仕上げます。
2.次に、ピンクレッドを唇の中央(赤色点線部分)に重ね、自然なグラデーションで血色感と立体感をプラスします。

\使用したアイテムはこちら/
ふんわりマットタイプのリップカラー

カサつかず唇がやわらかそうな色が続くマットタイプのリップカラー。BR733は赤みブラウンなので肌になじみやすく使いやすいですよ。
>>カスタマイズケースはこちら

 

つややかな透け感グロスのリップカラー

透明感&うるおい続くリップカラー。ほどよい血色感をプラスできます。
>>カスタマイズケースはこちら

 

完成!

完成!

下まぶたをアクセントに、ほどよく甘さを感じさせるセンシュアルな雰囲気に♪

\動画でメイクのやり方を詳しくチェック!/

この投稿をInstagramで見る

ワタシプラス watashi+ by shiseido(@watashiplus)がシェアした投稿

大人世代のトレンドメイクは、品と色気を意識! おすすめアイテムも

大人世代のトレンドメイクは、品と色気を意識! おすすめアイテムも

40代以上の大人世代は、品と色気を感じるメイクに注目! 輝きやツヤ感で今季らしいセンシュアルさを演出しましょう。
程よい血色感と線の効果で、肌やパーツを軽やかにもていねいに仕上げるのがポイントです。ていねいに整えられた仕上がりは"品"につながりますよ♪

【FACE】ベースに血色&透明感を仕込む

肌は品のあるツヤ肌を目指します。「血色感」と「透明感」を仕込むというこのひと手間で肌印象が変わります。
血色感をもたらすポイントは、ピンクの下地と仕込みチーク。肌の奥から上気するような血色を与えることで、肌が明るく見え、透明感が生まれます。
下地をていねいにのせる分、ファンデーションは薄く、コンシーラーやフェイスパウダーはピンポイントにのせるだけ。軽さと程よいツヤが透明感のある肌を演出します。

HOW TO

【FACE】ベースに血色&透明感を仕込む

1.ピンク系の下地を顔の中心から顔全体に塗布した後、目まわりと目の下の赤色点線部分に重ね付けし、明るさと透明感を与えます。
2.クッションタイプのファンデーションを薄く塗り、ツヤ肌に仕上げます。
3.コンシーラーで目の下やシミ部分を最小限にカバーします。

【FACE】ベースに血色&透明感を仕込む

4.レッド系のクリームチークをブラシで横広(紫色点線部分)にぼかします。
5.フェイスパウダーはTゾーン、目まわり、小鼻部分にブラシで少量のせます。
6.ハイライトは白色点線部分にふんわりとのせ、さらにツヤ感をプラス。

\使用したアイテムはこちら/
くすみのない明るい肌を持続させる化粧下地

肌になじませると瞬時にうるおいを与え、小じわ・毛穴・色ムラの目立たない、なめらかな素肌へ仕上げます。下地だけとは思えないような、ふわっと明るい肌印象に。
>>専用ケースはこちら

 

ツヤ肌を演出する美容液クッションファンデ

ポンポンとするだけで角層までうるおいが浸透します。ジェリー膜が均一に肌をカバー&ピタッと密着して、時間が経っても崩れにくい!

 

明るさとツヤ肌を叶えるコンシーラー

フレッシュで美しい仕上がりを一日中持続させるコンシーラー。軽いつけ心地と高いカバー力を両立し、トラブルをナチュラルにカバーしつつ肌に明るさを与えます。

 

みずみずしいツヤ感が魅力のクリームチーク

透け感発色のマスクにつきにくいクリームチーク。つけたての仕上がりが長時間持続します。RD422は透明感のあるレッド系で内側からにじみ出るような血色感を演出。
>>カスタマイズケースはこちら

 

テカリを抑え、なめらかに仕上げるルースパウダー

素肌とシンクロし、化粧もちを高めます。シルクのように軽くなめらかなつけ心地で、粉っぽくならず肌になじみフィット。ハイライトや輝きUPとしてもおすすめです。

 

肌に透明感をプラスする青みピンクのハイライト

フレッシュな血色感を与え、内側から輝くような立体感を演出。繊細なパールがツヤ感と透明感をもたらします。

 

【EYES】下まぶたボリュームを意識!

今季らしさを演出するには、「目もとに輝きを取り入れること」「アイカラーを下まぶたに広めにぼかすこと」の2点が重要。目もとの重心が下がることで、トレンド顔になれますよ。
さらに、ここ数シーズン人気の「くすみピンクカラー」で血色感&程よい締め感を演出。ポイントで重ねた輝きアイシャドウと、下まぶたに広めに入れたアイカラーで、やりすぎ感なく品のある色気を演出します。

HOW TO

【EYES】下まぶたボリュームを意識!

1.下まぶたボリュームアイメイクは土台作りが肝心です。肌の色に近いコンシーラーで、くまやくすみをカバーします。
2.さらに、ピンク系のコンシーラーで黄色点線部分を極薄くカバーすると色の効果で、自然に明るく仕上がります。

【EYES】下まぶたボリュームを意識!

3.くすみピンクのアイシャドウを上下(紫色点線部分)にふんわりとぼかします。下まぶたは、中央部分を幅広くぼかすことで、ほおの間延び感を和らげます。
4.ラメ感のあるシルバーアイシャドウを黒目の上下(白色点線部分)にぼかし、目もとの立体感と瞳に輝きをプラスします。
5.アイラインはブラウンのリキッドアイライナーでまつ毛の間を埋めるように描き、ブラックのマスカラで引き締めます。

\使用したアイテムはこちら/
光の効果で目もとが立体的に生まれるアイシャドウ

繊細なパールが、ひと塗りでまばゆく発色。PK321は、血色感をプラスする大人のくすみピンクカラーです。

 

輝きのアクセントにぴったりのラメアイカラー

透明感のあるシルバーのラメカラー。まぶたの中央や涙袋に重ねて、きらめきのアクセントに。
>>カスタマイズケースはこちら

 

思い通りのラインが自在に描けるリキッドアイライナー

繊細ラインもくっきりラインも自在に描ける、にじみにくいリキッドライナー。涙や油分に強いのに、通常のクレンジングや洗顔料で落とせます。

 

まつ毛ケアまでできる美容液マスカラ

まつエク級のロング&カール。つけている間中まつ毛を集中補修して、使うたび、ハリ・コシのあるまつ毛に導きます。

 

【BROWS】目もとのメリハリ感を引き立てる軽さのある眉

眉の形を生かし、色の効果で軽やかさを演出します。穏やかなトーンで仕上げたメイクに合わせ、眉の下ラインをやや強調し立体感をつけて描くと、目もとのメリハリ感を引き立てます。

HOW TO

【BROWS】目もとのメリハリ感を引き立てる軽さのある眉

1.明るめのアイブロウペンシルで、眉の形を生かし、足りない部分を描き足します。
2.さらに、眉の下ライン(斜線部分)をやや強調して描くと、軽やかな立体感を演出しつつ、目もとのメリハリ感を引き立てます。
3.さらにアイブローマスカラで、明るさを与え、毛流れを整えます。

\使用したアイテムはこちら/
なめらか発色のペンシルアイブロウ

なめらかな発色と軽くやわらかな描き心地の円芯で、力を入れなくても1本1本自然に眉が描けます。肌にぴったりフィットし、よれ・薄れがなく仕上がりが持続。
>>ホルダーはこちら

 

自然な発色&美しい立体的な眉が持続するマスカラ

眉を固めることなくやわらかな質感で、自然に色が溶けこみ、立体的な美しさが長時間持続します。小回りが利く小さめブラシも便利。

 

【LIPS】ローズリップ+後のせリップライナー

【LIPS】ローズリップ+後のせリップライナー

1.輪郭を意識しながら、ツヤのあるローズリップを塗布します。
2.リップと同系色のリップライナーで上下の口角部分のみ描きます。唇全体の輪郭を描くよりも、ナチュラルにメリハリ感を表現できます。

\使用したアイテムはこちら/
ツヤ感の高い仕上がりのローズピンク

サッと塗ると透明感のある発色、しっかり塗ると濃密な発色と、塗り方によって2パターンの雰囲気が楽しめます。

 

色もちを高めるプライマーつきのリップライナー

唇用プライマーとリップペンシルがひとつになっているので、唇を乾燥から守り、リッチな発色が持続。するする描けるから、唇全体にも塗りやすいです。

 

完成!

完成!

輝きやツヤ感で今季らしい大人ならではのセンシュアルな色気を演出!

\動画でメイクのやり方を詳しくチェック!/

この投稿をInstagramで見る

ワタシプラス watashi+ by shiseido(@watashiplus)がシェアした投稿

ボディもメイクして、ワンランクアップを!

この春夏は肌見せの洋服がトレンド。そんなファッションをより素敵に着こなすためにもボディケアは大切です! メイク同様、洋服から見える首やデコルテにツヤや輝きを与えるとトータルで今季らしさがグッとアップしますよ。

HOW TO

ボディもメイクして、ワンランクアップを!

顔に使用したトーンアップ下地をデコルテまでのばし広げます。全体的にトーンを合わせることでメイクの統一感もUP♪

ボディもメイクして、ワンランクアップを!

鎖骨や肩の立体に沿って、ハイライトを薄くのせることで、ボディも自然に立体的に見せることができます。動いた時にさりげなく輝いて色気をプラス♪ 顔とボディを合わせることでワンランク上の仕上がりに。

トレンドメイクを取り入れて、ぜひ新しい季節を楽しんでくださいね♪


[あわせて読みたい記事]

>>【パーソナルカラー診断!30秒で完了】イエベ・ブルべ別、本当に似合うコスメ選び♪
>>プロが教える「眉毛の整え方&描き方」完全版♪カットの方法から描き方まで徹底解説!


●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
資生堂ヘアメイクアップアーティスト

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

国内外における宣伝や広告、コレクションバックステージなどで日々活動する資生堂アーティスト。
世界中のお客さまを「美」を通じて幸せにするために、資生堂独自の美容価値を創造・発信しています。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 【2023年春夏トレンドメイク】キーワードは「下まぶたボリューム」と「ツヤ&輝き」!