美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2023/03/13

【大人のナチュラルメイクの正解は?】4つの見直しポイントでフレッシュな自分に!

【大人のナチュラルメイクの正解は?】4つの見直しポイントでフレッシュな自分に!

年を重ねるにつれて「ナチュラルメイクをしていても、なんだかしっくりこない!」と感じていませんか? 
シワやシミ、くすみ、たるみといった年齢サインが出現し、肌の印象が変化しているのに、ただナチュラルメイクをしてしまうとぼんやりとした印象に見えたり、手抜きに見えたりしてしまうのです。

大人は肌悩みをカバーした、計算されたナチュラルメイクが必要に! そこで今回は、大人がおさえるべきナチュラルメイクのポイントをレクチャーします。教えてくれるのは、「40代からの見直しメイク」著者でもあり、大人メイクを研究している資生堂ヘアメイクアップアーティスト・齋藤有希子さんです。

やってませんか? ナチュラルメイクの落とし穴

まずはやりがちな「ナチュラルメイクのNG」をチェック。みなさんも思い当たる節はありませんか?

✅シミやくすみをカバーするため、ファンデーションを厚塗りにしがち
✅眉毛をなんとなく薄めor細く描きがち
✅目元だけは大きく見せたいため、しっかりグラデで気合いを入れがち
✅チーク&リップの色味は抑えがち

バランスの取れた大人のナチュラルメイクを目指すべく、さっそくメイクを見直ししていきましょう!

大人のナチュラルメイクの方法

それでは、下記の見直しポイントを踏まえながら、詳しいメイク方法を紹介しますね!

<見直すべきナチュラルメイクのポイントはこの4つ!>
✅ファンデの厚塗り厳禁!下地でカバーを!
✅眉は毛並み感を意識しよう!
✅アイラインは引き算。マスカラで目力をアップ♪
✅チーク&リップはツヤと血色感を重視!

下地とファンデーションは「7:3」の比率で!

下地でしっかり肌の色むらをカバーし、ツヤ感もプラスします。その分ファンデーションの量を少なくすると、抜け感がありながらも明るい肌印象に仕上がりますよ。「下地7:ファンデーション3」くらいの比率を意識しましょう。

下地とファンデーションは「7:3」の比率で

1.肌の色を補正する効果にくわえ、ツヤや光沢感も演出できる下地を、顔全体に塗布。さらに、くすみが出やすい目周りに重ね付けします。目の下部分はたっぷり、目の上は少量重ねることで、ナチュラルだけど色むらのない肌に仕上がります。

下地とファンデーションは「7:3」の比率で

2.下地で肌をフラットにしたら、ファンデーションをほおの中央に置き、トントンとたたき込むようにしてなじませます。この時、ファンデーションを広げ過ぎないのがコツ。ほおや鼻周り、口元に軽く伸ばし、そのほかの部分にはのせないくらいの気持ちでOKです。下地でしっかり肌の色むらやアラをカバーしているので、ファンデーションは少量で大丈夫!

\使用アイテムはこちら/

スキンケア効果とメイク効果で、真珠のようなつや肌に導く化粧下地

うるおいを与えて肌を育むスキンケア効果と、光の力で肌を補正するメイク効果を兼ね備えた化粧下地。くすみ・色むら・毛穴を瞬時に補正し、まるで真珠のようなツヤ感に。大人肌にもおすすめです。

 

シミをカバーしながら美白もできる。薬用美白美容液ファンデ

気になるシミをしっかりカバーしながら、自然な仕上がりに。美白有効成分「4MSK*」配合で、メイクしながら美白ケアができる点もGOOD。
*4-メトキシサリチル酸カリウム塩
※美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと

 

眉は描きすぎず、毛並み感でフレッシュに

眉は描きすぎず、毛並み感でフレッシュに

眉はパウダーでふんわり太めに描くと、大人のナチュラルメイクに必須のフレッシュで生きいきとした表情を演出できます。ファイバー入りのパウダーがセットされた「マキアージュ アイブロースタイリング 3D 50」を使用すれば、自然にフサフサ眉を描けるのでおすすめです。

\使用アイテムはこちら/

ファイバー入りパウダーが便利なアイブロウパウダー

色を混ぜて自分にぴったりのカラーを作れるパレット。薄くまばらな眉や毛量をアップしたい部分に右端の「立体ファイバー」をのせるように使うと、自然なフサフサ眉に。
>>「専用ケース」はこちら

 

目元はアイラインではなくマスカラで目力をアップ!

目元はアイラインではなくマスカラで目力をアップ!

大人の目元が明るく見えるように、濃すぎないオレンジブラウンのアイシャドウをブラシにとり、アイホール全体にふんわりとなじませます。次に、カール力の高いマスカラを上下のまつ毛にたっぷり塗り、まつ毛の存在感を際立たせましょう。大人のナチュラルメイクでは、アイラインではなくマスカラで目のフレームを強調し、目力を高めるのがポイントです。

\使用アイテムはこちら/

目元を明るく彩るオレンジブラウンのアイシャドウ

瞳の色に同化するブラウニッシュマッチ効果で目元を自然に明るく際立てます。肌なじみのいいオレンジブラウンカラーで、大人の肌にもマッチ。

 

まつ毛ケアまでできる美容液マスカラ

まつエク級のロング&カール。つけている間中まつ毛を集中補修して、使うたび、ハリ・コシのあるまつ毛に導きます。

 

\こちらもおすすめ/

くるんとした上向きカールが続くマスカラ

下向きまつ毛もカールアップさせるアーチ型コームで、くるんとした上向きまつ毛を形状記憶。汗・皮脂でにじみにくいウォータープルーフタイプです。

 

チーク&リップはツヤと血色感を大切に

チーク&リップはツヤと血色感を大切に

チークとリップは、ツヤ感が出せるクリームタイプ&自然な血色が出せる赤み系カラーをチョイスしましょう。指で頬の高い位置と唇にポンポンとのせ、血色感をプラスします。

\使用アイテムはこちら/

肌を明るく生きいき見せるレッド系のクリームチーク&リップ

チークとしてもリップとしても使えるアイテム。つややかで自然な血色感を演出します。肌に溶け込むようなクリームタイプで、より素肌感もアップ。
>>カスタマイズケースはこちら

 

完成

完成

ほどよい抜け感とキレイさを両立した、大人のナチュラルメイクに仕上がりました!

ご紹介した見直しポイントを取り入れて、大人のステキなナチュラルメイクを楽しんでくださいね♪

\ライブ配信アーカイブで動画をチェック!/
2月16日配信の「アラフォー向け!ナチュラルメイクのNGとOKポイント」はこちらから

バナー

[あわせて読みたい記事]

>>【40代からの見直しメイク】たるみ、くすみ、シワ。目もと3大悩みのカバー方法を伝授!
>>【動画付き/40代からの見直しメイク】毛穴・クマ・シワ...ベースメイク悩みを解決する塗り方&アイテム


photo:輿石真由美(MILD)  model:藤田智子
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
齋藤有希子

齋藤有希子

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

初書籍「40代からの見直しメイク」著者。わかりやすく、ほどよいトレンド感のある大人向けtipsの提案を得意とし、インスタグラム“見直しメイク100人チャレンジ”のメイク動画が好評を博している。YouTubeやライブストリーミングなど、デジタル中心に活動中。
▼1分メイク動画が人気! Instagram
▼見直しメソッドはこちら YouTube
▼大人の美容情報「らしく for mommy」 LINE

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 【大人のナチュラルメイクの正解は?】4つの見直しポイントでフレッシュな自分に!