美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2017/11/27

自然なぷっくりリップのつくり方♪ポイントは「鼻の穴×唇の山」

自然なぷっくりリップのつくり方♪ポイントは「鼻の穴×唇の山」

誰しも憧れる「ぷっくりリップ」。「合コンやデートなど、男性目線を意識したメイクならぷっくりとボリュームのあるリップメイクは外せない! でも、わざとらしいのは避けたい...」という女子の願望を叶えるべく、とっても自然で簡単なボリュームリップテクニックを、ヘアメイクアップアーティストの松本聖子さんに教えてもらいました。

「ぷっくりリップ」を自然に見せるコツは?

自然なぷっくりリップに見せるには、「唇の山」を広くなだらかにすることが大切です。うまく描けない人の多くは上唇の山の距離が近かったり、角度も急なのでは? この2点の位置を改善することが「ぷっくりリップ」の重要なポイントです。それでは具体的なHOWTOをチェックしましょう。

プロ直伝! ぷっくりリップをつくるメイクテク

まずは、鼻の穴の中央の真下に唇の山の頂点がくるようにリップライナーで描き足し、唇の山を左右外側に広げます。唇の山の輪郭を取ったら、そこから口角に向かってラインを描けばOK。無理にオーバーに描かなくても、唇の山を広げたことで輪郭がなだらかになり、自然とふっくら感のある唇に近づけます。
下唇は、上唇の1.5倍のボリュームがあるのが理想。上唇の大きさに合わせてボリュームを調整しながら輪郭を取りましょう。唇全体の輪郭を取ったら、ふっくらと立体感が出る光沢のリップで中を塗りつぶせば完成です。

メイク前とメイク後を比べると一目瞭然! 「唇の山を広げる」というプロならではのテクニックで、驚くほど自然なボリューム唇に変化しました。このワザを使って、わざとらしさのないぷっくりリップを手に入れてくださいね♪

photo:鈴木花美 model:鈴木沙耶

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
松本聖子

松本聖子

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

2002年資生堂に入社。「Hair-make up salon MASA」で8年間サロンワークを経たあと、資生堂「&FACE」の商品開発、ソフト情報の作成にも携わる。資生堂の宣伝広告の撮影や国内ファッションショーのヘアメークで活躍中。LINEアカウント「らしく for mommy」(LINEID:@rashiku)で美容情報配信中。LINE@のお友達登録はこちら
https://hma.shiseidogroup.jp/matsumoto/

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 自然なぷっくりリップのつくり方♪ポイントは「鼻の穴×唇の山」