美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2018/02/21

【種類別アイラインの引き方】リキッドとペンシルで印象激変のコツをプロが伝授

【種類別アイラインの引き方】リキッドとペンシルで印象激変のコツをプロが伝授

目を大きく、印象的に見せてくれるアイライン。でも、使用するアイライナーの種類に迷ったり、引き方が難しくて苦手意識を持っていたりする人も多いのでは? そこで今回は、リキッドアイライナーとペンシルアイライナーの違いやなりたい印象別の使い分けから、初心者さんでも上手に引けるコツまでをご紹介。教えてくれるのは、ヘアメイクアップアーティストの西森由貴さんです。

リキッドorペンシル。特徴と使い分け方法

リキッドアイライナーは、くっきりとしたラインが描けるのが特徴。デカ目に見せたい時や、目力をアップして印象的な目元にしたい時などにおすすめです。
ペンシルアイライナーは、自然で柔らかいラインが描けるため、ナチュラルメイクで柔らかな印象を持たせたい時に◎。ラインをぼかすこともできるので、メイク感を出したくないけれど目元がぼんやりするのは避けたい...という時にも最適です。
また、ペンシルアイライナーの方が失敗しても直しやすいので、アイライン初心者さんや不器用さんは、ペンシルから練習するのがおすすめです。

プロ直伝! リキッドアイライナーの引き方

リキッドの場合は、目を開けた時にラインがしっかり見えていることが重要です。そのため、ラインを引く際は目を開けた状態でキワに沿ってスーっと引くのが理想。もし目を開けて引くのが苦手という人は、ラインを引いた後に目を開けて、ラインが見えているか確認しましょう。
また、目の中央から目尻にラインを引いた後に、目頭から引いてつなげる、という2段階の描き方もあるので、目を開けたまま一気に描きにくい場合は試してみて! こうすることで、目頭が抜けずにしっかりとラインが引けますよ。目尻部分は目の形に沿って自然な形でのばしましょう。デカ目見せを狙うなら、目尻より5mm程度長くなるようにのばすと◎。

POINT!

リキッドアイラインはしっかりとラインが出るため、まつ毛の生え際が抜けてしまうと違和感が出てしまいます。まつ毛の間を埋めるようにラインを引くこともコツですよ。

プロ直伝! ペンシルアイライナーの引き方

ペンシルの場合は、まつ毛とまつ毛の間を点で埋めるようなイメージでラインを引くのがコツ。目のキワに沿って、ペンシルを小刻みに横に動かしながらラインを描くと、繊細なラインが描けます。

POINT!

さらにナチュラルに仕上げたいなら、綿棒や濃いブラウンのアイシャドウをなじませた細いブラシやチップで、ラインを軽くぼかしましょう。

自分の目の形やなりたい印象に合ったアイラインを引けるようになると、メイクはもっと楽しくなりますよ。アイライン初心者さんや苦手さんは、ぜひ参考にしてチャレンジしてみてくださいね♪

photo:鈴木花美 model:みなみ

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
西森由貴

西森由貴

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

5年のサロン経験を経て、2014年資生堂入社。資生堂の宣伝広告や広報活動のヘアメイクに携わり、「マキアージュ」や「インテグレート」などのブランドを担当。NY・パリ・東京コレクションでも活動中。
http://hma.shiseidogroup.jp/nishimori/

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 【種類別アイラインの引き方】リキッドとペンシルで印象激変のコツをプロが伝授