美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2020/03/02

その肌荒れ、間違った洗顔が原因かも!正しい洗顔のやり方&NG行動を徹底解説!

その肌荒れ、間違った洗顔が原因かも!正しい洗顔のやり方&NG行動を徹底解説!

なかなか肌トラブルがよくならない...その肌不調、原因は間違った洗顔かもしれません。自己流の洗顔方法が、肌に負担や刺激を与えてしまっている可能性が。今回は、正しい洗顔のやり方と間違った洗顔のやり方、さらにおすすめのアイテムをご紹介します。教えてくれるのは、資生堂Webビューティーコンサルタントの岩上さんです。

<目次>

洗顔が大切な理由

1日の終わりには皮脂・汗、ホコリや花粉など、さまざまな種類の汚れが肌に付着しています。こうした汚れが肌に残ったままだと、肌が荒れて毛穴が詰まる原因になるので、ていねいな洗顔は美肌づくりに欠かせません。また皮脂や汗は就寝中にも分泌されるので、朝の洗顔は水だけで軽く済ませるのではなく、夜と同様に洗顔料を使ってしっかり汚れを落とすことが大切です。

正しい洗顔のやり方

洗顔料を使ってていねいに洗えば、その後の化粧水や乳液などの肌へのなじみがよくなり、うるおって透明感も期待できるんですよ♪

【STEP1】 まずは手を洗い、手の汚れを落としてから、水かぬるま湯で顔を素洗いします。汚れた油分が手や顔に残っていると、洗顔の泡立ち効果が半減してしまうからです。

【STEP2】 手のひらが濡れた状態で洗顔料を適量とり、少量のぬるま湯を数回に分けて加えながら、空気を巻き込んでしっかり泡立てます。逆さにしても落ちないくらい弾力のある泡が◎。

【STEP3】 泡を肌の上で転がしながら、顔全体をやさしく包み込むように洗います。特に毛穴汚れがつまりやすい小鼻は、指先を使って入念に。Tゾーンなどの皮脂のべたつきが気になる部分は、指の腹を使ってくるくると洗い上げましょう。

【STEP4】 すすぎは約1分を目安に、体温より少し低め、人肌程度のぬるま湯でていねいに洗い流します。すすぎ残しがないか、鏡でチェックすることも大切。十分にすすぎ終わったら、タオルで水気を吸い取るように、軽く押さえてやさしく拭きましょう。

POINT!

毛穴の黒ずみや肌のザラつきが気になる時は、洗顔ブラシもおすすめです。余分な力を入れ過ぎず、肌に負担をかけずに洗うことがポイント。

間違った洗顔のやり方

間違った洗顔は肌トラブルのもと。6つのNG行動に当てはまることをしていないか、早速チェックをしてみましょう!

NG行動1.朝は洗顔料を使わず、お湯のみで洗う
寝ている間も皮脂や汗は出ています。また、ほこりも肌に付着している状態に。これらをそのままにしておくと、くすみや酸化の原因となるので、朝もきちんと洗顔料を使いましょう。

NG行動2.熱いシャワーのお湯で洗い流す
熱いお湯で洗うと皮脂を取りすぎてしまうので、理想の温度より高く設定されたシャワーはNG。洗い終えた肌につっぱり感を感じるなら、お湯の温度が高すぎる可能性があります。

NG行動3.洗顔料の泡立ちが少ない
泡立ちが少ないと、泡が肌に触れる面積が小さく、また泡がつぶれやすいため、汚れを吸着する力が弱まってしまいます。また、摩擦もしやすくなるので、肌負担も大きくなります。すすぎの泡切れも悪くなり、すすぎ残しの原因にも繋がるため要注意です。

NG行動4.皮脂を気にして何度も洗顔をする
皮脂・汗が過剰な状態でない場合は、過度な洗顔は必要な皮脂まで取りすぎてしまう恐れがあるので要注意。朝・夜の1日2回が理想です。

NG行動5.すすぎ残しがある
洗顔料が肌に残ってしまうと、それが刺激となり肌トラブルを招くことがあります。特に「額の生え際」「目頭」「フェイスライン」などはすすぎ残し要注意ゾーン。きちんと洗い流せているかどうか、鏡でチェックするとよいでしょう。

NG行動6.タオルでゴシゴシ拭く
洗顔後、タオルを肌の上で滑らせるようにゴシゴシ拭くと肌に刺激を与え、肌荒れの原因になりかねません。水気をタオルに吸わせるようにやさしくふき取りましょう。

オイリー、乾燥、毛穴...。悩み別おすすめ洗顔料6選&洗顔ブラシ

洗顔料は肌悩み別で選ぶと、より美肌へ近づくことができますよ。さらに、毛穴の黒ずみや肌のザラつきが気になる時に使いたい、おすすめの洗顔ブラシもご紹介します。

【オイリー肌におすすめ】
酸化皮脂まですっきり落とす洗顔フォーム

オイリー肌やニキビができやすい肌におすすめ。肌に必要なうるおいを守りながら、毛穴汚れや皮脂、古くなった角質(角層表面)、そして肌の悪影響の原因となる酸化皮脂までさっぱりと洗い上げます。

【乾燥・肌荒れが気になる肌におすすめ】
保湿成分が肌にとどまる洗顔ミルク

肌に必要なうるおいを守りながら、肌の悪影響の原因となる酸化皮脂までやさしく取り除きます。保湿成分を抱えたきめ細かい泡なので、洗い流した後の肌はしっとり柔らかに。

【毛穴が気になる肌におすすめ】
モコモコ泡が毛穴の奥まですっきりさせる洗顔料

ジェル状の洗顔料が瞬時にモコモコ泡に変化し、毛穴の汚れに密着。汚れをオフし、すっきりと洗いあげます。泡立ての手間要らずなので、疲れている日や忙しい朝にも便利です。

【敏感肌におすすめ】
クッション泡でやさしく洗える薬用洗顔フォーム

クリーミーなもっちり泡が顔全体を包みこみ、敏感に傾いた肌にも使える低刺激処方の薬用洗顔フォーム。うるおいを守りながら汚れだけをしっかりオフしてなめらかな素肌に。

【くすみが気になる肌におすすめ】
くすみを払って、みずみずしい明るい素肌に導く洗顔フォーム

皮脂汚れはもちろん、くすみのもとになるメラニンを含む不要な角質(角層表面)も取り除き、明るく輝いた印象へと導きます。さっぱりした洗いあがりも◎。

【エイジングが気になる肌におすすめ】
ハリ・ツヤあふれる肌に洗いあげる洗顔フォーム

汚れを落とすだけでなく、ヒアルロン酸、高麗人参エキスGL*配合で洗うたびにハリとツヤのある肌に導きます。肌あたりのいいリッチな極上泡も魅力。
*(保湿)オタネニンジンエキス、グリセリン

あわせて取り入れたい!
柔らかい極細毛でしっかり洗える洗顔ブラシ

シルクのような柔らかい極細毛で、毛穴の奥の汚れまでやさしくオフすることができます。さらに、毛束の間に混ざっているシリコーンスティックが、マッサージ効果を高めて血行を促進♪ すこやかな素肌へと磨き上げる洗顔ブラシです。

肌状態を左右するほど大切な洗顔。正しい洗顔方法をマスターして、しっとり美肌を手に入れましょう♪

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webを通してお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。お肌の悩みや商品の使い方から今さら聞けない悩みまで、LINEを通じて気軽にご相談いただけます。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/lc/index.html

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > その肌荒れ、間違った洗顔が原因かも!正しい洗顔のやり方&NG行動を徹底解説!