美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2023/12/25

【足を温める方法】足の冷えは正しい入浴で対策!お湯の温度から入浴後のマッサージも

【足を温める方法】足の冷えは正しい入浴で対策!お湯の温度から入浴後のマッサージも

気温の低下とともに気になってくるのが、足の冷え。身体を効率よく温めるためには入浴が有効ですが、しっかりお風呂で温まったはずなのに足だけは冷えが治まらない...という人も多いのでは? ひょっとすると、入浴方法に問題があるのかもしれません! そこで資生堂美容部員の安田さんに、足の冷え対策に有効な入浴法を教えてもらいました。

目次

足を温める! 足の冷えは正しい入浴方法で対策を

身体を温めて血流を促し、代謝アップへとつながる入浴。とはいえただお風呂に入っていればいいというわけではないんです。身体をしっかり温めるのに最適な温度や入浴時間、さらには温浴効果を持続させる入浴後のケアなど、足の冷えを対策するには細かいところまで気を配る必要があるんですよ。

【足の冷え対策①】 
入浴剤を入れ、ぬるめの温度でゆっくりつかる

身体を芯から温めるためには、38度~39度くらいのお湯に20~30分ゆっくりつかるのが理想です。その際、湯船にお気に入りの入浴料を入れれば、ゆったりとお風呂に入ることができます。好みの香りや保湿効果などが期待できるアイテムを選んで、バスタイムを楽しみましょう。

カサつきを防いで、しっとりを保つ入浴料

乳白色のお湯がやさしく肌を包み、入浴後のカサつきを防ぐ入浴料。しっとりやわらかな肌を保ちます。無香料タイプ。敏感肌の方にもおすすめです。

 

【足の冷え対策②】 
湯上りのマッサージでポカポカを持続させる

お風呂から上がるとすぐに足が冷えてしまう...という人は、入浴後に手や足のマッサージをするのがおすすめ。

ハンドクリームによる保湿が効果的!

(出典:資生堂)

直接手で肌に触れることで、動かしている手と触れられた肌は次第に温まってきます。例えばハンドマッサージをすることで、手指だけでなく、腕やデコルテから顔にかけての皮ふ温も上昇し、身体のめぐりも良くなります。

このようにマッサージは、触った部位はもちろん、それ以外の部位を温めることが可能なんです。つまりお風呂上りにマッサージを行えば、全身のポカポカ感を持続させられるんですよ!

簡単セルフマッサージ法<ハンドマッサージ編>

手洗い後の正しいお手入れ方法

1.適量のハンドクリームを手にとり、手の甲に円を描くようにのばします。
2.人さし指で指の外側を支え、親指でらせんを描きながら指先からつけ根まで揉みこむようになじませます。
3.親指と人さし指で、指のつけ根の側面を挟み、指先まで滑らせます。両手の指をまんべんなく揉むようになじませます。

簡単セルフマッサージ法<フットマッサージ編>

お風呂上りにおすすめ! 簡単セルフマッサージ法

1.ボディオイルなどを足全体になじませたら、両手で足の甲全体を包み、もみほぐすようにして交互に大きく円を描きます。

お風呂上りにおすすめ! 簡単セルフマッサージ法

2.親指で足の指のつけ根から指先まですりあげ、力を抜いてつけ根に戻ります。

お風呂上りにおすすめ! 簡単セルフマッサージ法

3.親指で足の指の間に小さな円を描くようにもみほぐしたら終了です。

マッサージのお供に♪ おすすめアイテム5選

マッサージをする際は、ボディオイルやクリームなどを使用するのが◎。すべりを良くするのはもちろん、乾燥によるカサカサなども同時にケアできますよ。

肌をやわらかく整え、ツヤを与えるアロマオイル

オイルとエッセンスの2層効果で、肌をやわらかく整え、美しくうるおいに満ちた上品なツヤを与えます。天然ブルガリアンローズ(エッセンシャルオイル)やティーローズ・リビングローズ(香り成分)などによるみずみずしいばらの香りは、女性の心をとりこにするはず。

 

みずみずしくなめらかなボディに導く全身用保湿ミルク

みずみずしいなめらかなミルクで、うるおいを長時間キープ。スルスルなじんでベタつかないのも魅力です。

 

ヒアルロン酸(うるおい成分)配合。ばらの香りのボディミルク

ヒアルロン酸(うるおい成分)配合で、乾燥した肌をなめらかに整えます。贅沢なばらの香りに包まれてここちよいお手入れが実現できます。

美しさと強さを引き出す、高機能ハンドクリーム

大人気スキンケアシリーズ「アルティミューン 」のハンドクリーム。手洗いや消毒後の乾燥ダメージから守り、なめらかで美しい手肌へと導きます。心地よいグリーンフローラルの香り。

ハリ・つやを与え、美しい手肌へと導くハンドクリーム

乾燥による小じわを目立たなくし*、手肌の荒れを予防しながらしなやかな手肌に整えます。無香料なので、香りの苦手な方にもおすすめです。
*効能評価試験済み

入浴以外にも! 身体をあたためる簡単テクニック

日々の生活に簡単に取り入れられるあたためテクニックをご紹介します!

【テクニック①】 手の「ツボ押し」

ハンドマッサージよりも簡単にできるツボ押しも身体を温めるのにおすすめです。手の親指の下のふくらみ部分(母指球)を反対の手の指でギューッと押します。深呼吸しながら心拍を落ち着かせると、自律神経が整い、より身体が温まりやすくなりますよ。

【テクニック②】 背伸びをして身体全体のめぐりをUPするのもおすすめ!

深呼吸しながら背伸びをしたり、ゆっくり肩をまわしたりなど、身体全体の血のめぐりをよくすることも大切です。暖房などで外側から温めるより、自分の体温を使って内側から温める方が、身体はずっと早く温まります。


正しい入浴法やマッサージなどで、今年の冬は足の冷え対策を万全にお過ごしくださいね!


[あわせて読みたい記事]

▶︎【乾燥対策】髪・唇・手・かかとまで!全身まるごとしっとり保湿♡
▶︎乾燥肌向けのボディクリーム・トリートメントをチェック!


photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
資生堂パーソナルビューティーパートナー

資生堂パーソナルビューティーパートナー

 

資生堂のコスメのこと、美容のことなど、オンライン総合美容相談「OnlineBeauty(オンラインビューティー)」では、3つの方法(「ビデオ通話」・「電話」・「チャット」)から、お好きな時に、気軽にご利用いただけます!
https://www.shiseido.co.jp/onlinebeauty/

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 【足を温める方法】足の冷えは正しい入浴で対策!お湯の温度から入浴後のマッサージも