美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2019/05/01

急げば間に合う!日焼けをした後に行うべきアフターケアとは?

急げば間に合う!日焼けをした後に行うべきアフターケアとは?

紫外線は、肌を黒く日焼けさせることはもちろん、シミやそばかす、シワなどのトラブルを招く女性の大敵ですよね。UVケアを行わなければ! と思っていても、「うっかり日焼け止めを塗り忘れてしまった」「思ったよりも長時間屋外にいてしまった」という経験がある人も多いのでは? そんな時は、アフターケアで肌を整えましょう。

すばやいアフターケアでシミ予防

紫外線を浴びると肌が黒くなるのは、メラニンが増えたため。メラニンが増え続けてうまく排出されないと、シミの原因になってしまいます。でもうっかり紫外線にあたってしまっても、すばやくケアすれば色白美肌を保つことができますよ。

日焼けのアフターケア方法

日焼けをした時に押さえておきたいケアは、まずは熱を持った肌を「冷やす」こと。次に「保湿」です。あれこれとスペシャルケアをしたくなるかと思いますが、まずはほてりを鎮めて肌を落ち着かせることを優先しましょう。

アフターケア方法1. 冷やす

1.冷やす

日焼け後の肌は、軽いやけどをした状態と同じ。紫外線によって炎症を起こしているので、まずは冷やしてほてりを鎮め、炎症の進行を止めましょう。肌を冷やす方法は以下のやり方が効果的。

    ・流水で冷やす
    ・濡れタオルで冷やす
    ・氷や保冷材で冷やす
    ・ミネラルウォーターをスプレーする

氷や保冷剤で冷やす時は、肌の刺激にならないようタオルに包んで使用しましょう。また、摩擦も日焼けした肌にとっては大きな負担に。洗顔は時間をかけすぎず、ササッとすませましょう。

アフターケア方法2. 保湿する

日焼けをすると、角層から水分が失われて肌が乾燥してしまいます。赤みやほてりが落ち着いた後は、化粧水で肌にたっぷり水分を補給しましょう。また、日焼け後の肌は敏感になっているので、化粧水をつける時は強く叩くようにパッティングせず、やさしく丁寧になじませましょう。化粧水をたっぷり含ませたコットンパックもおすすめですよ。また化粧水の使用量が少ないと、うるおいが十分にいきわたりません。使用量を確認して、適量を守って使いましょう。

日焼け後の敏感肌に...「d プログラム ホワイトニングクリア ローション (医薬部外品)

紫外線によるダメージで敏感になった肌におすすめの薬用美白化粧水。うるおいに満ちたすこやかな肌に保ち、メラニンを含む肌の生まれ変わりをサポート。みずみずしく明るい透明美肌へ導きます。

アフターケア方法3. シミ・そばかすの予防も抜かりなく!

肌が落ち着いてきたら、シミに変わるその前にしっかり予防ケアすることが大切! 以下のような方法から、自分に合ったケアを見つけましょう♪

    ・いつものスキンケアを美白効果のある化粧水や乳液に変える
    ・いつものスキンケアに美白美容液をプラスする
    ・美白効果のあるシート状マスクなどを使用する

シミ・そばかす対策に...「HAKU メラノフォーカスV 45g (医薬部外品)

美白有効成分4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)とm-トラネキサム酸(トラネキサム酸)が、シミの生成連鎖を抑止。日焼けした後の乾燥しがちな肌をうるおいで満たし、明るく透明感のあるみずみずしい肌へ導く薬用美白美容液です。

※美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと

【部位別】日焼けのアフターケア方法

日焼けのアフターケアを、紫外線ダメージを意外と受けやすい「デコルテや肩」「唇」「髪」の部位別でくわしくご紹介します。

部位1. デコルテや肩

面積が大きいデコルテや肩などのボディは、ばしゃばしゃとたっぷり使えるものを選びたいですよね。ボディ用のローションや美容液でのケアがおすすめ!

日焼け後のほてった肌に...「シーブリーズ 全身薬用ローション230mL (医薬部外品)

薬用成分がひんやりクールに肌を引きしめてくれます。全身に使えて、あせもやニキビ、肌荒れも防いでくれるので、あるとうれしい1本ですよ。

部位2. 唇

皮ふが薄く汗腺も皮脂腺もない唇は、顔の中でも乾燥しやすい部位。またメラニンをつくるメラノサイト(色素細胞)もないので、紫外線のダメージをダイレクトに受けてしまいがちです。お好みのリップクリームでしっかり保湿して、ふっくらなめらかな唇を保ちましょう。

おすすめのケアは、入浴中のラップパック。リップクリームを重ね塗りして、ラップをのせるだけの手軽さです。お風呂のスチーム効果でさらにしっとりしますよ。

部位3. 髪

強い日差しを受けた髪や頭皮は、肌と同様にダメージを受けています。摩擦してさらに傷めることのないように、普段よりもやさしくケアしましょう。髪を痛めない4つのポイントを伝授♪

ポイント1. シャンプー前にブラッシング
洗髪前に、絡んでいる髪の毛をほぐすようにやさしくブラッシング。そうすることで、絡まることなくシャンプーをすることができますよ。ロングヘアの場合は、絡みやすい毛先~中間~根元の順番でブラッシングしましょう。

ポイント2. 頭皮と髪をやさしくシャンプー
まずはぬるま湯で髪全体と頭皮を素洗いし、汗やほこりなどの汚れを落としておきます。シャンプーをよく泡立てたら、泡で髪を包み込むように洗い、頭皮は指の腹を使ってやさしくマッサージしましょう。

ポイント3. コンディショナーは蒸しタオルで浸透力UP
シャンプーをよくすすいで髪の水気を軽く切ったら、コンディショナーを塗布します。毛先など傷んだ部分を中心に、手ぐしでよくなじませましょう。その後蒸しタオルで髪を包み、5分ほどおいてから洗い流すとしっとりしますよ♪

ポイント4. ドライヤー前にタオルドライ
髪を傷めずに乾かすコツは、ドライヤーを使う時間を短くすること。そのためには、タオルドライでしっかり水気をとっておきましょう。ドライヤーは髪から30cmほど離して、まんべんなく風を送りながら乾かしましょう。

もう、うっかり日焼けしない! 日焼け止めの選び方

もう、うっかり日焼けしない! 日焼け止めの選び方

これまでアフターケアをご紹介しましたが、普段から日焼けをしないように紫外線対策を行うことが美肌の鍵! 紫外線の特徴と、対策に欠かせない日焼け止めの選び方を押さえておきましょう。

紫外線の種類

太陽から地表に届く紫外線は、波長の長さによって「UV-A」と「UV-B」に分けられます。

・UV-A
波長が長く、肌の奥の真皮まで到達する紫外線。肌の弾力を担うコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、しわやたるみの原因になります。雲や窓ガラスまでも透過し、気づかぬうちに浴びやすいため、「生活紫外線」とも呼ばれます。

・UV-B
「レジャー紫外線」とも呼ばれ、主に屋外での日焼けの原因になります。大量に浴びると赤く炎症を起こし、軽いやけどを起こしたような状態に。シミやそばかす、乾燥の原因にもなります。

日焼け止めの表記、SPF・PAとは?

「SPF」は、UV-Bを防止する効果を表しています。1~50(50以上は50+)の数値で表示され、数値が高いほど赤い炎症を防ぐ効果が高くなります。「PA」は、UV-Aを防ぐ効果を表しています。+~++++の4段階で表示され、+が多いほど肌が黒くなるのを防ぐ効果が高くなります。季節や場所によって紫外線の量は異なるもの。日焼け止めのSPFとPAは、以下のように使用シーンに合わせて選びましょう。

・散歩・買い物などの日常生活:SPF20前後、PA+~++
・屋外での軽いスポーツやレジャー:SPF20~30前後、PA++~+++
・炎天下でのレジャーやマリンスポーツ、スキー場:SPF30~50+、PA++~++++

日焼け対策で注意したいのは、「冬や曇りの日も油断できない」ということ。晴れた日の紫外線が100%だとすると、曇りの日は約65%。雨の日でさえ約20%の紫外線を浴びてしまうのだとか。紫外線が降り注がない日はないので、1年365日、日焼け止めを塗りましょう。さらにUV-Aは窓ガラスも透過するので、陽の当たる室内にいる時も塗っておくことをおすすめします。

日焼け止めの効果的な使い方

適切なSPF・PA値の日焼け止めを選んだら、ムラなく均一に塗ることがポイント! 効果的な塗り方をマスターしましょう。

顔と首の塗り方

顔と首の塗り方

1. 商品に記載された使用量を確認して適量を手のひらにとり、両ほお、額、鼻、あごの5点に置きます。

2. ほお、額、鼻、口周り、フェイスライン、目の周りの順に、中指と薬指を使ってていねいになじませます。塗りムラができやすい小鼻周辺、髪の生え際や耳の後ろも忘れずに。

3. 顔のすみずみまでなじませたら、1~2をくり返して重ねづけします。

4. 適量を手のひらにとったら、首とえり足の数か所におき、下から上に向かってなじませます。

ボディの塗り方

1. 肌の上に直接、日焼け止めを線状に出します。

2. 手のひらを使って大きく円を描くようになじませていきます。手や足の甲、ひじやひざの裏、身体の側面なども塗り忘れのないようにしましょう。

日焼け止めの効果をキープするためには、できれば2~3時間おきに塗り直しを。時間がない時は、スプレータイプの日焼け止めが便利ですよ。

髪の塗り方

スプレータイプの日焼け止めは、プールや海で髪が濡れた時にも活躍。濡れた髪が紫外線を浴びると、プールの塩素や海水の塩分によって、髪のダメージが進みやすくなるためです。事前にスプレータイプの日焼け止めをつけて、保護しておきましょう。

髪や肌から10~15センチほど離して、たっぷりムラなくスプレーすると◎。肌と同じように2~3時間おきに塗り直してくださいね。

紫外線による乾燥やシミ・そばかすなどの肌トラブルを避けるには、何よりも予防が大切。それでもうっかり日焼けをしてしまったら、すばやく適切なケアを行って、肌をすこやかに保ちましょう。

photo:PIXTA
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 急げば間に合う!日焼けをした後に行うべきアフターケアとは?