美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2023/07/10

【美白美容液おすすめ8選】役割や成分、使い方も徹底解説♪

【美白美容液おすすめ8選】役割や成分、使い方も徹底解説♪

メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎ、透明感のあるうるおい肌に導いてくれる「美白美容液」。普段のスキンケアに取り入れたいけれど、たくさんの種類があってどれを選べばいいかわからない...という人も多いはず。

そこで、美白美容液の役割から美白有効成分の解説、さらにおすすめアイテムまでをまとめました。さっそくチェックして、自分の肌や目的にマッチする美白美容液を見つけてくださいね!

<目次>

美白美容液とは?

美白美容液とは「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを予防する美白有効成分を配合した美容液のこと。化粧水や乳液などの定番スキンケアにプラスすることで、うるおいと透明感あふれる美肌を目指せます。

成分と保湿力がポイント! 美白美容液の選び方

美白美容液を選ぶ際は、「どのような美白有効成分が配合されているのか」と「保湿もしっかりできるか」の2点をチェックするのがおすすめです。その理由をくわしく見ていきましょう。

美白有効成分とは?

各メーカーが医薬部外品に配合する成分のうち、厚生労働省により「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」ことが認められた成分を「美白有効成分」といいます。

美白有効成分として認可されるには高いハードルが設けられているため、現在、美白有効成分は20種類弱しか存在していません。

資生堂が薬事開発した美白有効成分をチェック♪

■m-トラネキサム酸*
メラニンを生成する細胞メラノサイトの活性化を抑制する効果や、肌荒れを防ぐ効果があります。
*トラネキサム酸

■4MSK*
絡みついたように蓄積するメラニンに着目。メラニン色素の過剰生成を効果的に抑制するはたらきがあります。
*4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)

■アルブチン
メラニン生成に不可欠な酵素「チロシナーゼ」の働きを阻害し、過剰なメラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐ効果があります。

■安定型ビタミンC誘導体
メラニンの生成を遅らせる作用があります。

■ビタミンCエチル
角層深くじわじわ浸透して長く効果を発揮します。

>>もっと詳しく、成分や、資生堂のシミ予防研究についてご紹介!

美白美容液に保湿力が欠かせない理由とは?

美白美容液は、保湿力が備わっているものを選ぶことも重要です。なぜなら美白ケアは、うるおい環境が整ったすこやかな肌でこそ効果が期待できるから。また、保湿ケアの行き届いたみずみずしい肌は、透明感がアップし明るく澄んだ印象にも見せてくれます。

また、美白美容液にはべたつかずみずみずしい感触のものから、しっとりコクのあるクリーム状のものまで、さまざまなテクスチャーがあるので、自分好みの使用感で選ぶのも◎。夏だけでなく通年使用することも大切なので、1年中継続してケアするためにも、心地よいと感じられる感触のものをセレクトしましょう。

美白美容液の効果的な使い方

美白美容液は使い方も重要です。使用する期間やなじませる量など、ポイントを押さえておくとよいでしょう。

✔️使用期間

美白美容液は朝・夜の1日2回、1カ月半~2カ月くらい継続して使用するとことがおすすめです。また、紫外線は1年中降り注いでいるので、夏だけでなく秋冬も続けて使うことが大切です。

✔️使用量

使用量が少ないと効果が発揮できないことがあるので要注意。例えば「HAKU」の美白美容液の場合、適量は2プッシュですが、1プッシュしか使わないとムラづきになるという研究結果も。 使用量が少ないと美白有効成分が肌に行き渡らないため、商品の裏面に記載されている適量を必ず守って使用しましょう。

HAKU美白美容液の塗布状態の比較

※塗布量が分かる特殊なカメラで撮影

✔️顔全体にムラなく

シミができそうな部分のみに塗るという使用法はおすすめできません。今シミがない部位でも実は肌の奥にメラニンが潜んでおり、予期せぬ場所から突然シミが現れることがあります。

未来のシミを防ぐためにも、部分使いではなく顔全体に塗布することが大切。両ほお、額、鼻、あごの5カ所に置き、円を描くようにやさしくていねいになじませます。その上で、気になる部分に重ね塗りしましょう。小さくクルクルともむようになじませていくのがポイントです。

✔️朝も夜も、毎日コツコツケアする

美白美容液というと、紫外線ダメージを浴びた日の「夜」のケアだけに使う方も多いかもしれません。しかし、紫外線を浴びる前の「朝」も、うるおいで肌を整えながら美白ケアするのがおすすめです。さらに、UVカットケアアイテムを併用し、ダメージを受けにくい肌に整えるとベターです。

透明感あふれる肌へ導く、おすすめ美白美容液10選

ここからは、おすすめの美白美容液をご紹介。配合されている美白有効成分や、+αの効果などをチェックして、美容液選びの参考にしてくださいね!

美白美容液と言えば、こちら!

\内側から輝きを放つような「美発光肌」へ/

#美白 #透明感 #乾燥 #シミ予防

あのHAKUが進化! 独自処方で美白有効成分をシミのもとに速く深く届ける、「深透体験*」により、シミの原因に根本アプローチ。コクのあるなめらかなテクスチャーなので肌にぴったりとフィットします。うるおいを与えながら肌環境を整え明るく澄んだ透明感のある肌へ導くエイジツエキス(整肌・保護)と、なじみを助ける導入保湿成分**を配合。シミが気にならないほどなめらかで明るく澄んだ透明美肌へと導きます。
*美白有効成分がシミのもとまで「深く」浸透することを表す言葉
**キシリット、ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン、濃グリセリン

<HAKUの効果的な使い方:スタンプづけ>

【step1】朝・夜の化粧水の後に、ディスペンサー2回押し分を手にとります。
【step2】顔の5カ所(両ほお・額・鼻・あご)に広げます。
【step3】気になる部分を中心に軽くおさえ、顔全体にていねいになじませます。
*スタンプを押すようにしながら中心から外側に向けて指を動かすと、もっと効果的!

 

\リピーターも続出! 継続使用したいなら/

#美白 #透明感 #乾燥 #シミ予防

HAKU メラノフォーカスEV(45g)の外容器にセットしてお使いいただけるレフィルです。継続使用したい方にもおすすめです。

 

人気の美白美容液「HAKU」から生まれた、おすすめアイテム

\光を浴びる時間も味方に! 日中の美白ケアもできる/

#美白 #紫外線カット #透明感

「HAKU メラノフォーカスEV(医薬部外品)」と同じ美白有効成分「4MSK*」と「m-トラネキサム酸**」をW配合。光を浴びている時間を味方にして、日中だからできる美白ケアのアプローチ。トーンアップ効果もあるので、これ1本で明るく透明感のある仕上がりに。
**トラネキサム酸
*4-メトキシサリチル酸カリウム塩

<おすすめの使い方>

毎日の朝のお手入れの最後にお使いください。
【step1】手のひらに1円硬貨大よりやや小さめの量をとり、顔の5カ所(両ほお、額、鼻、あご)に円を描くように塗り置きます。
【step2】指全体を使って、中心から外側へ横に広くのばすようにしてなじませます。
【step3】最後に手のひら全体で顔を包み込むようにフィットさせます。

●ファンデーションのつきやのりをよくする化粧下地としても使え、なめらかな仕上がりが持続します。
●落とすときには、メイク落としでていねいに落とすことをおすすめします。
※トーンアップしながらカバーして明るさと白さを与える仕上がりの商品ですが、白さが気になる場合は量を加減してください。

 

\シミをカバーしながら美白もできる/

#シミカバー #色ムラカバー #美白 #自然な仕上がり

美白有効成分「4MSK*」配合。気になるシミをカバーしながら、自然な仕上がりが楽しめるファンデーションです。メイクしながら美白ケアができ、シミの気にならない明るく透明感のある肌に仕上げます。
*4-メトキシサリチル酸カリウム塩

 

こちらの美白美容液もおすすめ

\シミを気にせず「つや玉」輝く肌へ/

#美白 #エイジングケア

増え続けるシミ環境に着目。美白有効成分「m-トラネキサム酸*」「4MSK**」と、さらに薬用有効成分「純粋レチノール」を配合。有効成分がメラニン生成過程へアプローチ。みずみずしいテクスチャーがすばやく肌になじみ、速攻ケア。メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎ、うるおいを与えてすこやかな肌に整えます。リラックス感のあるアクアフローラルの香りも◎。
*美白有効成分 トラネキサム酸
**4-メトキシサリチル酸カリウム塩
・薬用有効成分 レチノール:肌あれ、あれ性

 

\みずみずしい透明美肌へ/

#美白 #透明感 #保湿

資生堂が26年かけて開発した、美白有効成分「アクティブ4MSK*」配合美容液。メラニンの発生源にアプローチしてシミ・そばかすを予防するのはもちろん、うるおいに満ちた透明感をもたらし、明るい美肌へ。みずみずしいのに肌はもっちりとした感触です。
*4-メトキシサリチル酸カリウム塩

>>「ホワイトルーセント イルミネーティング マイクロS セラム」の開発秘話もチェック!

 

\美白有効成分をW配合! クリアな肌へ/

#美白 #透明感

ホリスティック発想の美白美容液。美白有効成分「m-トラネキサム酸*」と「4MSK**」をW配合。シミの根本原因にアプローチ。メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐとともに、うるおって澄みわたるクリアな肌へと導きます。
*m-トラネキサム酸(トラネキサム酸)
**4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)

 

\コスパも◎! うるおい満ちてパッと明るい肌へ/

#保湿 #美白

美白有効成分「m-トラネキサム酸*」に加え、UVダメージケア整肌サポート成分(保湿)「ヒアルロン酸」、「リピジュア**」を配合。うるおいで角層を満たし、パッと明るい肌へと導きます。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ、トラネキサム酸
**リピジュアは登録商標です。

 

\クリアな光沢感を生み出す/

#美白 #透明感

美白有効成「4MSK*」配合。角層深く届けます。なめらかで浸透感の高い美容液で、肌に置いた瞬間、溶け込むようにスーっとなじむ心地よい使用感です。マッサージした後のようにやわらかくほぐされた肌感触も◎。
*4-メトキシサリチル酸カリウム塩

 

\美容液+マスクで「つや玉」輝く肌へ /

#ハリ #美白 #エイジングケア

付属の美容液をなじませた後、美白マスクをONする、2ステップのスペシャルケア。保湿力も高く、マスク後はみずみずしく明るい肌印象の肌に。


>>オンラインショップの美容液ランキングはこちら


シミ・そばかすのない肌のためにぜひ取り入れたい「美白美容液」。そのアイテムが持つ特長をしっかり理解して、自分の肌状態に合う商品を上手にセレクトしてくださいね!

*美白化粧品は、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎます。*エイジングケアとは、年齢に応じたうるおいケアのことです。


[あわせて読みたい記事]

>>【2023年版】本気のシミ・そばかす予防に!美白化粧品16選&賢い化粧品の使い方
>>【徹底シミ予防!】うるおい美白ケアで透明感のある肌へ!


photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 【美白美容液おすすめ8選】役割や成分、使い方も徹底解説♪