美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2021/04/05

【日差しを浴びたら、Yes!美白ケア】うるおい美白ケアで透明感のある肌へ!

【日差しを浴びたら、Yes!美白ケア】うるおい美白ケアで透明感のある肌へ!

日差しが強くなってくると気になるのが、「紫外線」ダメージ。シミを予防して素肌の美しさを守るためには、メラニンの生成を抑える「美白有効成分」が配合されたスキンケア化粧品を使用するのがおすすめです。
そこで今回は、シミができるメカニズムから効果的な美白化粧品の使い方、おすすめのアイテムなどをご紹介します。

目次

シミはどうしてできるの?

紫外線を浴びると、肌内部のメラニン生産工場「メラノサイト」が活性化。角化細胞がメラニンを受け取り、メラニンを持ったまま表面へと上がって、やがてはがれ落ちます。

シミはどうしてできるの?

(肌イメージ図)

通常は、表皮のターンオーバー*によって、メラニンは皮ふ表面に押し出され、垢とともにはがれ落ちますが、長年紫外線を浴び続けたりターンオーバーが乱れたりすることで、メラニンがスムーズに排出されず皮ふ内部に蓄積され、シミとなってとどまって見えるのです。
* ターンオーバー
皮膚が自ら生まれ変わり、健康な状態を保つための仕組み。表皮をつくる角化細胞は、基底層で生まれた後、約4週間かけて角層になるために変化しながら押し上げられます。その後、角層細胞として皮膚のバリア機能・保湿機能を担い、2週間後には垢やフケとなりはがれ落ちる。

シミを防ぐ方法って?

シミを防ぐには、毎日の「紫外線対策」が重要です。日常的に日焼け止めを使用し、レジャー時には帽子、日傘の併用も有効に。さらに、「美白美容液」によるお手入れで、メラニンの過剰生成を抑え、蓄積を防ぐことも大切ですよ。

日焼け止めの塗り方

イラストのように、紫外線ダメージを浴びやすくシミとなって現れやすいのは頬骨の上。マスクをしてもこの部分は隠せないので要注意です!

シミの出来やすい部位

日焼け止めを塗る際は、まずはムラなく均一に、肌全体に塗ることを心がけましょう。そしてほお骨の上や鼻など、シミのできやすい部位には重ねづけすることをおすすめします。

紫外線を浴びてしまった時は...

シミのもととなるメラニンは、紫外線を浴びることによって肌の奥で生成が始まり、約3日程度で定着し始めると言われています。

紫外線を浴びてしまった時は...

紫外線を浴びてしまった時は、メラニンが定着してしまう前に、即、美白美容液などでケアをして、紫外線ダメージを肌に蓄積させないことが大切ですよ!

おすすめ美白美容液でシミに変えないケアを!

シミ・そばかす予防に取り入れたいのが「美白化粧品」。
中でも「美白美容液」は、美白有効成分をまっすぐ肌に届け、メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐことを目的にした美白のスペシャルアイテムです。そこで、人気の高いおすすめ美白美容液を4つピックアップしてみました。

\おすすめ美白美容液4選/

光がこぼれだすような美しい明るさへ

肌の生まれ変わりサイクルに着目。肌にうるおいをめぐらせハリを与えて、まるで光がこぼれだすような、みずみずしく明るい美しさへ導きます。とろけるような感触で保湿力も高いので、乾燥が気になる肌にも◎。

 

まるでシルクのような磨きがかった輝く肌へ

肌の奥にあるシミの元にさまざまな方向からアプローチしてメラニンの過剰生成を効果的に抑制し、シミ・そばかすを防ぎます。シルクのようになめらかな使い心地で、磨き上げたような肌に導きます。天然のローズや希少なランなどを調香した、深みのある華やかな香り。

 

明るく輝く、うるおいに満ちた美透白肌へ

資生堂が26年かけて開発した美白有効成分「アクティブ4MSK *」配合の美容液。メラニンの発生源にアプローチしてシミ・そばかすを予防。みずみずしいうるおいで肌を満たし、光りを巡らせ、解き放たれたように明るく輝く肌へと導きます。肌に溶け込むようになじむなめらかなテクスチャーとグリーンフローラルの香りが◎!
*4-メトキシサリチル酸カリウム塩

 

シミのもとにアプローチして根本原因に働きかける

本気でシミ対策したい人へ。シミができる肌特有のダメージ状態を徹底研究から生まれた進化したHAKU美白美容液。「シミのもとの無限ループ」へアプローチし、全方向から効かせ、メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぎます。2種の美白有効成分を配合した美容液が、気になる部分にピタッと密着。うるおいに満ちて、明るく澄んだ透明感のある肌へ導きます。

 

美白美容液の効果的な使い方って?

せっかく美白美容液を使うなら、肌にしっかり届けたいですよね。使用する際は、下記の美白の掟を守ってケアすると、お手入れの満足度が変わってくるはず。

<美白の掟①> 朝と夜、「使用量」を守って使う

もったいないからと言って使用回数や使用量を守らず少なく使用すると、美白有効成分が肌に行きわたらず、効果が半減することも。製品によって異なりますので、パッケージや製品のホームページなどで、お手入れの順番と使用量を確認して、正しくお使いいただくことが大切です。

<美白の掟②>顔全体にムラなく、ていねいになじませる

シミができやすい部分だけでなく、顔全体に塗るのがポイントです。両ほお、額、鼻、あごの5カ所におき、顔の中心から外側に向かってなじませます。紫外線ダメージを特に受けやすいバタフライゾーン(高さのある鼻や目の下のほおの部分)や、気になる部分には、ていねいに重ねづけすると◎。

<美白の掟③>継続して使う

紫外線は1年中降り注いでいるので紫外線が気になる季節だけではなく、通年で美白ケアするのが鍵! 効果を実感するためには毎日コツコツ継続して使用することが大切です。

「うるおい美白ケア」で紫外線ダメージを受けにくい肌環境に導く

美白ケアをスムーズに行うためには、「うるおい環境が整ったすこやかな肌」にすることが大切。うるおいのあるみずみずしい肌は、透明感がアップして明るく澄んだ印象に見えます。さらに紫外線ダメージを受けにくくするという利点も!
シミはもちろん、乾燥を防ぎ、紫外線ダメージを受けにくい肌環境に整える「うるおい美白ケア」を心がけましょう!

\うるおい美白ケアにおすすめのアイテム/

透明感&つるつる肌に導く、HAKUの美白化粧水&乳液

美白美容液でおなじみのHAKUシリーズから登場した美白化粧水&乳液。美白有効成分4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)配合。メラニンを含む角層にうるおいを与えて整え、透明感あふれるつるつる肌に。化粧水はとろみのあるまろやかなテクスチャー。乳液はさっぱりとしたテクスチャーなので、べたつきが苦手な人や、夏場でも心地よく使えます。

 

敏感肌でも使える! みずみずしくうるおう薬用美白化粧水&乳液

みずみずしいうるおいで満たし、明るく透明美肌に導く低刺激設計の美白化粧水&乳液です。シミ・そばかす予防はもちろん、赤っぽくなりがちなニキビや肌荒れを防ぎたい人や、デリケート肌だけど美白ケアをしたい人にもおすすめです。


シミやくすみのない明るい印象の肌をキープするには、毎日の美白ケアが重要! 「美白美容液」や「うるおい美白アイテム」を取り入れて、生きいきとした輝く肌を手に入れてくださいね。


※美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことです。

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 【日差しを浴びたら、Yes!美白ケア】うるおい美白ケアで透明感のある肌へ!