美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2020/01/06

【1月の肌】キレイなひとは知っている⁉︎過酷な環境の冬の肌ケアって?

【1月の肌】キレイなひとは知っている⁉︎過酷な環境の冬の肌ケアって?

年が明けて新年が始まりましたね。年始にお出かけする機会が増えている人も多いのでは? そこで問題! 肌にもたらす1月の環境(気温・湿度)についてあなたはどれだけご存知ですか? 寒さや乾燥が激しい季節だからこそ、ポイントとなるスキンケアを知って、キレイをキープしましょう♪

寒さ・乾燥ともピークに向かう時季

肌をさす寒さ、カラカラに乾く空気・・・。1月は気温・湿度が年間の最低数値になります。そのため肌にとっては最も過酷な環境に。1年で乾燥対策を1番頑張ることが美肌のカギになるはずです!

寒さ・乾燥ともピークに向かう時季

1月の肌にこんなことを感じていませんか?

気温・湿度が下がることで、角質内の水分量が年間で最も少なくなります。そのことで、肌はうるおいを失ってカサカサの状態に。また、室内外の温度差も、肌荒れや乾燥の要因となるんです。

1月の肌にこんなことを感じていませんか?

そのうえ、身体が冷えることで代謝が下がり、血のめぐりが悪くなって顔色がさえない、なんてことも感じていませんか? 気温が下がると血流量が少なくなることも分かっています。

1月の肌にこんなことを感じていませんか?

つまり1月は、乾燥・冷え・寒暖差による「肌荒れ」「しわ」「ハリのなさ」「くすみ」といった悩みの予防&対策をすることがポイントになります。

過酷な冬におすすめしたい3つの肌ケアとは?

【おすすめ肌ケア①】 寒暖差や気温低下による肌トラブルのケア

室内外の行き来によって生じる急激な「寒暖差」は、肌荒れや乾燥を引き起こす一因に...。日常生活において寒暖差は避けられないため、ゆらぎがちな肌でも使える「美容液」などでしっかりと対策するのが◎。また、気温低下による肌不調には、「ナイトクリーム」を取り入れるのもおすすめです。実はクリームの油分は保湿のみならず保温効果も期待できるため、過酷な冬の環境下において一役買ってくれますよ。

寒暖差による肌荒れのケアに!
寒暖差の肌トラブルに着目した新発想の美容液

寒暖差による肌のゆらぎに着目。「カンダンバリアコンプレックス」を配合し、うるおいに満ちたなめらかな素肌へと導く美容液。洗顔後の素肌にトロっとした美容液が角層の深部まで浸透。うるおいを受け入れやすい肌に整え肌荒れや乾燥を防ぎどんな時でもゆらがない肌を育みます。

気温低下によるうるおい&ハリ不足に!
リッチなうるおいで肌を保温するナイトクリーム

コクのあるリッチな感触のクリームが、肌の上でなめらかにのびてうるおいラッピング。冬の寒さに負けない、ハリとうるおいに満ちた肌へと導きます。

【おすすめ肌ケア②】 水分・油分の減少が原因の「ハリ不足」ケア

うるおい不足による「ハリのなさ」をケアするには、肌にたっぷりのうるおいと弾むような弾力を与えられる「クリーム」がおすすめ。さらに、血液循環をよくしたり新陳代謝を促したりして肌を良好に保つ働きがある「マッサージ」を取り入れればさらに効果的。寒さでしぼみがちな肌を、生きいきした印象に見せましょう。

代謝不良でしぼみがちな肌に!
生きいきしたハリ肌に導くマッサージクリーム

とろけるような感触のクリーム状で、心地よくマッサージできます。使用後は、ハリ感とツヤに満ちたふっくら肌に! なめらかな指どおりで、肌に触れるたびしなやかなハリを感じてください。

どんよりした肌印象に!
明るくハリに満ちた若わかしい印象肌に導くクリーム

美白*もできるエイジングケア**対応のクリームが、明るくハリ感のある若わかしい肌へと導きます。なじませる際は、あご先から耳の下に向かって下からすり上げるようにするとさらに効果的。

【おすすめ肌ケア③】 乾燥&小じわ改善のケア

乾燥によって肌表面がカサつくことで、ちりめん状や線状の「しわ」が気になることも。そのまま放っておくと数が増えてつながり、深い悩みが刻まれる原因になることも。手遅れにならないうちに「スペシャルケア」を取り入れましょう。

乾燥サインが気になる目元に!
薬用有効成分「純粋レチノール」配合でシワを改善するリンクルクリーム

薬用有効成分「純粋レチノール」が乾きやすく表情の激しい目元・口元のしわを改善。なめらかな美容液が気になる部分にすーっと伸びて、しっとりやわらか肌に。

スマホで簡単に肌測定ができる「肌パシャ」アプリも試してみて! 日々変化する気温・紫外線・湿度も毎日教えてくれますよ。テクノロジーの力で、自分の肌を知り、あなただけのアドバイスが届く...その習慣がきっと、美肌へと近づけてくれるはず♪

*美白とはメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことです。
**エイジングケアとは、年齢に応じたお手入れのことです。

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 【1月の肌】キレイなひとは知っている⁉︎過酷な環境の冬の肌ケアって?