美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2020/05/07

プロが実践するシワ、たるみ、くすみの予防ケア方法。キレイの秘密はフェイスマッサージにあった!

プロが実践するシワ、たるみ、くすみの予防ケア方法。キレイの秘密はフェイスマッサージにあった!

年齢を重ねるにつれ、だんだん気になり始めるシワ、たるみ、くすみ...。美容のプロは一体どんなケアをしているのでしょうか? 今回は、資生堂ビューティートップスペシャリストの木村尚貴さんに、実践しているケア方法を教えてもらいました。

キレイな人の共通点はフェイスマッサージにあり

「シワ、たるみ、くすみのケアとして、私はフェイスマッサージを取り入れています。仕事柄、人と会う機会が多いのですが、私が知っている年齢を重ねても肌がキレイな人の多くが毎日のケアにマッサージを取り入れているんです! それくらい重要なケアなので、面倒に思わずぜひチャレンジしてみてほしいです」(木村さん)

木村さんによると、美肌に近づくためのフェイスマッサージは、とにかく"やさしく"行うことが大切なのだそう!

「グリグリと強い力で行うリンパマッサージと混同して考えられがちですが、シワやたるみ、くすみを対策するためのマッサージは指や手のひらで軽く圧をかける程度の力でOK! やさしく行うことが重要なんです。肌がグッと動くような状態は、力が入りすぎている証拠なので気をつけてくださいね」(木村さん)

プロ愛用のアイテム&マッサージ方法

さらに、木村さんが普段マッサージをする時に使っているアイテムとマッサージ方法についても聞いてみました♪

うるおいを補給し、顔の影をケアするマッサージマスク

「マッサージクリームとして使えるうえに、マスクとしても肌をケアできる優れもの。うるおいをしっかり補給でき、キメの乱れにアプローチしてくれます。私は、夜のスキンケアのタイミングで、マッサージを兼ねて取り入れるのがお気に入り。また朝メイク前に使うと、化粧のノリがよくなりますよ」(木村さん)

【使い方】

1.化粧水の後、手のひらに添付のスパチュラで適量(スパチュラ1杯分が目安)をとり、顔の5カ所(両ほお・額・鼻・あご)におき、指全体を使い顔全体に広げます。
2.肌あたりがやさしい中指と薬指を使い、2~3分を目安にマッサージします。
3.肌の上にのせたまま約3分間マスクし、その後、ティッシュペーパーでやさしくふきとります。

【マッサージHOW TO】

マッサージHOW TO

1.額の中央から引き上げるようにらせんを描き、こめかみを押します(×3回)。
2.鼻の側面は、軽くすりおろします(×3回)。小鼻の溝は、少し力を入れて上下させます(×6回)。
3.口のまわりは、口角を引き上げます(×3回)。

マッサージHOW TO

4.ほおは、あご先からはじめ、3列にわけて外側に向かってらせんを描くように引き上げます(×3回)。最後にこめかみを押します。
5.目のまわりは、眉頭の下のくぼみを押してから、目のまわりを囲むようにすべらせます(×3回)。最後にこめかみを押します。

POINT!

ほおやフェースラインはたるみやすいのでやや力を入れて引き上げ、目もとはデリケートな部分なのでやさしく行うのが◎!

下降ラインをケア。目元&口元をマッサージする保湿用クリーム

「下降ラインを感じやすい目元・口元に、固めのクリームがフィットして、ピンとハリのある状態に整えます。こちらのクリームには独自のマッサージ法が用意されているので、なじませる時はぜひ参考にしてみてください。より生きいきとした印象肌に整えることができますよ」(木村さん)

【使い方】

朝は紫外線防御効果のある化粧品の前に、夜は顔全体のお手入れの後に、添付のスパチュラで指先に小さなパール粒1個分を目安にとり、目のまわり、口のまわりになじませます。

【目元のマッサージHOW TO】

目元のマッサージHOW TO

1.眉頭の下のくぼみを押したあと、目のまわりを囲むようにすべらせ(×6回)、最後にこめかみを押します。
2.目の下・まぶたを目頭からこめかみに向かって引き上げます(×6回)。

【口元のマッサージ HOW TO】

口元のマッサージ HOW TO

1.上唇のシワをのばすように外側に引き、下唇は口角を引き上げます(×6回)。
2.ほうれい線のシワをのばすように、斜めに引き上げます(×6回)。

クリアな印象肌へ導く美白マッサージ美容液

「どんよりした肌印象や、肌の奥から湧いてくるシミに着目。蓄積されるメラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすを防ぎ、うるおいに満ちた透明感ある美しい肌へと導きます。さらに、エイジングケアも! 『気づいたら手放せなくなっている!』という声も多いんです。マッサージするようになじませることで血行を促進し、クリアな肌に導いてくれますよ」(木村さん)

【使い方】

朝と夜、化粧水の後、手のひらにディスペンサー2回押し分をとり、顔全体にマッサージしながらゆっくりとなじませます。美容液が肌になじむまで下記の1から4のステップを繰り返します。

【マッサージHOW TO】

マッサージHOW TO

1.円を描くように、あごを引き上げます(×3回)。
2.大きな円を描くように、ほおを引き上げます(×3回)。

マッサージHOW TO

3.鼻すじから額に向かって大きく引き上げます(×3回)。
4.目のまわりはやさしく円を描きます(×3回)。

マッサージHOW TO

5.最後に、顔の中心から外側に向かって軽くなで、肌を落ち着かせます。

シワ、たるみ、くすみ...。悩みが深くなる前に、美容のプロが実践しているケア方法を参考に、おうち時間で試してみてはいかがでしょうか。

エイジングサインが気になる方はこちらもチェック!
>>「顔が老けたかも...」と感じる原因は?知っておきたいエイジングサインのこと

*美白とは、メラニンの生成を抑えて、シミ・そばかすを防ぐこと
*エイジングケアとは、年齢に応じたうるおいケアのこと

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
木村 尚貴

木村 尚貴

資生堂ビューティートップスペシャリスト

高度な美容技術と豊富な知識を保有する美容のスペシャリスト。優れた美的感覚を生かし、イベントやビューティー講座で「スキンケア・メイクアップHOW TO」をわかりやすく発信。社内ビューティーコンサルタントのトレーニング講師も務めるなど、多岐にわたり活躍。
https://corp.shiseido.com/sbs/members/naoki_kimura.html

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > プロが実践するシワ、たるみ、くすみの予防ケア方法。キレイの秘密はフェイスマッサージにあった!