美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2021/01/18

【リキッドファンデーションの塗り方】基本のスポンジ塗り&ツヤ感アップのブラシ塗りをレクチャー♪おすすめアイテムも!

【リキッドファンデーションの塗り方】基本のスポンジ塗り&ツヤ感アップのブラシ塗りをレクチャー♪おすすめアイテムも!

ベースメイクの定番でもあるリキッドファンデーション。でも、実は正しい塗り方を知らない...という人も多いのでは? そこで今回は、スポンジとブラシの2種類を使ったリキッドファンデーションの塗り方をレクチャー。教えてくれるのは、資生堂ヘアメイクアップアーティストの中川まどかさんです。

リキッドファンデーションの特徴って?

  • みずみずしく自然なツヤ感を演出できる
  • 保湿力が高く、乾燥しづらい
  • サッと塗れば薄づきに、重ね塗りでカバー力アップなど、仕上がりの調整がしやすい

といった魅力があるリキッドファンデーション。正しい塗り方を覚えて、さらなる美肌を追求しましょう!

\使用するリキッドファンデーションはこちら/

フレッシュで美しい肌が続く♪

素肌とシンクロし、フレッシュで美しい肌を長時間持続させるリキッドファンデーション。汗、皮脂、動きが引き起こす化粧崩れも防ぎます。

 

\もっとほかにも!おすすめのリキッドファンデーションはこちら/

つけるたび素肌を美しく演出♪

みずみずしくなめらかな感触で、とろけるように肌になじみます。ひと塗りでピタッとフィットし毛穴・くすみ・かさつきをカバー!

 

つるんっとした美肌に仕上がる!

気になるトラブルをしっかりカバーしながら、まるで「キレイな素肌」のような仕上がりに。「高密着ジェリー」が吸いつくように肌に密着し、よれ・崩れを防ぎます。

 

ノイズをカバーして、透明美肌に

ひと塗りで毛穴・ニキビあとなどの悩みをカバー! ぴたっと密着して、崩れにくく、明るいツヤ肌が持続します。

 

ファンデーションを塗る時は順番が大切!

ファンデーションを塗る時は順番が大切!

ファンデーションを塗る際は、右ほお→右額→左ほお→左額と、半顔ずつ仕上げます(左右が逆になっても問題ありません)。目、鼻、口まわりは最後に。この順番は、スポンジでもブラシでも同じです。面積の広い部分から仕上げていくと厚塗りになりにくいので、見た目にきれいなだけではなく、崩れやムラも抑えられます。

【基本編】スポンジを使ったリキッドファンデーションの塗り方

まずは、スポンジを使った塗り方をご紹介。スポンジ使用は、ムラなく肌にフィットするので、均一で崩れにくい仕上がりに!

スポンジ塗りHOW TO

【基本編】スポンジを使ったリキッドファンデーションの塗り方

1円硬貨大もしくはディスペンサー1回押しの量を手のひらに出します。これが全顔使用量の目安です。
※適量はアイテムごとに違う場合があります。サイトなどでチェックしましょう。

【基本編】スポンジを使ったリキッドファンデーションの塗り方

1.下地を顔全体になじませたら、ファンデーションを両ほお・額・鼻・あご先に置きます。ほおや額は面積が広いので、少し多めにすると◎。

【基本編】スポンジを使ったリキッドファンデーションの塗り方

2.スポンジを使用し、顔の内側から外側に向かってファンデーションをなじませます。スポンジはスーッと滑らせるように動かして。

【基本編】スポンジを使ったリキッドファンデーションの塗り方

3.両ほおと額を塗り終わったら、スポンジに残っているファンデーションで、目、鼻、口まわりを仕上げます。目のキワや小鼻などの細かい部分は、スポンジの先の細い部分を使用しましょう。目の下などトラブルが気になる部分には、スポンジにファンデーションを追加し、トントンとたたき込むようになじませて、しっかりカバーを。

4.最後にルースパウダーをON。パウダーは、ツヤ感の出るもの、マットな仕上がりになるものなどさまざまな種類があるので、なりたい肌に合わせてセレクトしましょう。

\プロおすすめのスポンジはこちら/

プロの仕上がりを再現したスポンジ

顔の凹凸とプロの技を計算しつくした形状(角度・厚み・大きさ)で、美しい仕上がりに。全体にのばす時は広い面を使い、細かい部分は先の細い部分を使うと〇。

 

きめ細かく、ふんわりとした肌あたりのスポンジ

ファンデーションを肌にやさしくのばし、なめらかで均一に仕上げることが可能。ふんわりとした質感で、肌あたりもGOOD。リキッドタイプだけでなく、クリームタイプにも使えます。

 

\プロおすすめのルースパウダーはこちら/

「ツヤ」と「マット」どっち派?なりたい肌で選べる!
シルクのようなすべすべ肌に仕上げる、ツヤ感ルースパウダー

スキンケア成分でコーティングしたパウダーなので、乾燥しづらくしっとりとなじみ、シルクのようなすべすべ肌に。ツヤ感がほしい時や、ハイライトとして使いたい時は、「ラディアント」がおすすめです。

 

テカリを抑え、ナチュラルな美しさをキープするマットなルースパウダー

素肌とシンクロするようになじみ、小ジワや毛穴を補正。ナチュラルさがほしい時や、テカリを抑え化粧もちをアップさせたい時は「マット」がおすすめ。

 

【応用編】ブラシを使ったリキッドファンデーションの塗り方

より肌のツヤ感を出したい時はブラシを使うのがおすすめ。塗布量をコントロールしやすいから、素肌感を活かした光沢肌に仕上がります。

ブラシ塗りHOW TO

1.スポンジの時と同様の量をとり、両ほお・額・鼻・あご先の5点に置きます。

【応用編】ブラシを使ったリキッドファンデーションの塗り方

2.毛先が斜めになっているブラシを使用し、ブラシの面が肌にしっかり当たっていることを意識しながら、顔の内側から外側に向かってすべらせるように動かし、ファンデーションをなじませます。

【応用編】ブラシを使ったリキッドファンデーションの塗り方

3.目の下などトラブルが気になる部分には、ブラシにファンデーションを追加し、トントンと軽くたたき込むようになじませて、しっかりカバーを。目のキワや・小鼻など細かい部分は、ブラシの先を使ってなじませるときれいに仕上がります。

4.最後にルースパウダーを顔全体にふわっとなじませたら完成。ファンデーションのツヤを残したい場合や、乾燥が気になる時は、Tゾーンや額、あご先など皮脂が出やすい部分にのみなじませてもOKです。

\プロおすすめのブラシはこちら/

斜めカットで小回りも効く。使い勝手のいいファンデーションブラシ

フラットな面が肌にぴったりフィットし、ファンデーションをムラなくなじませられます。小さめのブラシが細かい ところえまで届き、パーフェクトな仕上がりに。


何となく指でのばしていた...という人も多いリキッドファンデーションですが、ツールを使い分けることで仕上がりが変化し、顔全体の印象も違ったものに。それぞれの塗り方を覚えて、メイクの幅をもっと広げてくださいね♪



\オンラインショップでのお買い物はこちらから!/

photo:鈴木花美 model:清香

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
中川まどか

中川まどか

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

ファッション・ビューティ誌や、NY・パリ・上海・東京コレクションではヘアメイクを担当。また、シーズンごとのビューティートレンド情報分析を担当しており、トレンド最先端とリアルライフビューティーをつなぐヘアメイクの提案が得意。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 【リキッドファンデーションの塗り方】基本のスポンジ塗り&ツヤ感アップのブラシ塗りをレクチャー♪おすすめアイテムも!