美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2023/05/22

表情のポイントは目もと&口もと!おすすめケア&メイクアップで「#みんないい顔」

表情のポイントは目もと&口もと!おすすめケア&メイクアップで「#みんないい顔」

さまざまな規制が緩和され、周りの人と豊かな表情で触れ合う機会が増えましたね♪ でも、目もとやほうれい線悩みが気になる...という方も少なくないはず。 そこで、表情のポイントでもある「目もと&ほうれい線のケア方法」をご紹介します。

また、久しぶりにメイクを思う存分楽しみたい! 明るい笑顔でみんなと触れ合いたい! と感じている方も多いですよね。見た目も気持ちも明るくなる「ビタミンカラー」を取り入れたメイクもあわせてご紹介します。

目次

表情のポイントは目もとにあり! 目もと悩みをケアする方法

目もとの皮ふは疲れや加齢の影響を受けやすく、非常にデリケート。

✅ほおの1/3程度で非常に薄い
✅角層が薄くバリア機能が弱い
✅動きが多い(1日に約2万回のまばたき)

だからこそ、日々のベーシックケアをていねいに行うことが大切です。おすすめのケア方法をご紹介しますね!

①化粧水&乳液はコットンでスタンプ押し!

化粧水や乳液を肌に届けるには、コットン使用をおすすめします。その理由は、コットン使用することで肌のすみずみまでたっぷり届けることはもちろん、気になる部分にはうるおいをつけ足ししやすく、肌へのなじみがよくなるから。

特に目のまわりは皮ふが薄く、デリケートなため、やさしくていねいになじませることが大切。スタンプを押すように、コットンをすべらせるよりも「うるおいを置く」イメージでなじませると効果的です。

\おすすめ化粧水&乳液/

美容成分配合で、肌にふっくらしたハリを与える美白化粧水&乳液

美白有効成分「4MSK*」と、厳選された美容成分を配合。うるおって光をきれいに反射する肌に整え、内側から輝くような透明感と、ふっくら満ちるハリを与えます。さらに目もとや口もとまでふっくら満ちるハリを与えます。
*4-メトキシサリチル酸カリウム塩
※美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことです。

 

ハリ・弾力、透明感を与えて明るい肌に導く化粧水&乳液

目もと・口もとはもちろん、肌全体にパワーボタニカル*とともに角層深くまでうるおいをしっかりめぐらせて、ハリ・弾力、透明感に満ちたクリアで明るい肌へと導きます。
*ケイヒエキス・トウキエキス・ジオウエキス・グリセリン:保湿

 

②スペシャルケアでさらに「いい顔」に♪

より効果的なお手入れをしたい人は、目もと用のスペシャルアイテムを取り入れるのが◎。

\おすすめのアイクリーム/

しわを気にせず、表情豊かに♪ しわを改善する濃密なアイクリーム

薬用有効成分「純粋レチノール*」を配合。気になる目もとや口もとのしわを改善します。肌にとけこむようにフィットするなめらかなテクスチャーも◎。
*レチノール

 

しわ改善と美白ケアが同時にできる部分用クリーム

しわ改善のための薬用有効成分「純粋レチノール*」と美白有効成分「m-トラネキサム酸**」をWで配合。しわ改善とシミ予防にアプローチしながら、乾燥しやすい目もと&口もとをしっとりなめらかに保ちます。
*レチノール
**トラネキサム酸
※美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことです。

 

\おすすめのアイマスク/

乾燥とともに悩みが深まる乾燥時期にはアイマスクで集中ケアを。トリートメント成分が角層までしっかり浸透し、みずみずしいハリ感をもたらします。

ハリのなさが気になる目もとを集中ケアする薬用マスク

シートで密封しつつ有効成分が角層深く浸透。乾燥などの肌ダメージを防ぎます。はがした直後から、ふっくらとしたハリ・弾力を感じ、生きいきとした印象の目もとへと導きます。

 

③マッサージで生きいきとした表情に!

目もとのマッサージを取り入れるのもおすすめ。普段使っている美容液やクリームをたっぷり取ってなじませればOKです!

■目もとのマッサージ方法

目もとはデリケートなので、やさしく行うのがポイントです!

○使用アイテム:全顔使用の美容液やクリーム
○使用量:適正量の約2倍の量(指のすべりが重く感じたら少量つけ足しましょう)

1. 眉を3カ所に分け、イラストにある①~③の順に3本指で眉を持ち上げるように、生え際まで額をすり上げます。
①眉間~生え際 ②眉中央~生え際 ③眉尻~生え際(×各3回ずつ)

2. 中指で眉頭の下のくぼみを頭の重みを使って約3秒押し、3本指で目頭から目の周りを囲むようになでます。(×6回)

3. 3本指で目の下の骨に沿って目頭からこめかみに向かって引き上げます。(×6回)

4. 4本指全体をフィットさせ目全体をこめかみに向かって引き上げます。(×3回)

表情豊かに♪ 口もと悩みをケアする方法

フェイスラインやほうれい線のケアには、マッサージがおすすめです。普段使っている美容液をたっぷり取ってなじませましょう。

■ほお・あごのたるみやむくみのマッサージ方法

心地よく、痛気持ちいい強さで行うのがポイントです。力が入りにくい時は、ひじをついた状態で行いましょう。

○使用アイテム:全顔使用の美容液やクリーム
○使用量:適正量の約2倍(指のすべりが重く感じたら少量つけ足しましょう)

1. 親指の水かき部分をあご先に合わせ、親指であご先から耳の下に向かって脂肪のつきやすいフェイスラインの下をすり上げます。(×6回)

2. 3本指と親指でフェイスラインをはさみ、あご先から耳の前までフェイスラインの上をすり上げます。(×6回)

3. ほおを3カ所に分け、①~③の順に、4本指でフェイスラインからほお骨の下のくぼみまで持ち上げます。(×各3回ずつ)

4. 4本指全体をフィットさせ、エラの部分からこめかみまで持ち上げます。(×6回)

■ほうれい線に効果的なマッサージの方法

心地よく、痛気持ちいい強さで行うのがポイントです。力が入りにくい時は、ひじをついた状態で行いましょう。

○使用アイテム:全顔使用の美容液やクリーム
○使用量:適正量の約2倍の量(指のすべりが重く感じたら少量つけ足しましょう)

1. 中指を使い、
① ほうれい線の終わりから小鼻に向かってすり上げます(×6回)
② 小鼻の脇から眉間に向かってすり上げます。(×6回)

2. 4本指を揃えて、人差し指を「ヤッホー」のポーズのようにほうれい線に合わせます。ほうれい線を横にのばすようにして、手のひらをほお全体にフィットさせ、斜め上に向かって引き上げます。(×6回)

\おすすめ美容液/

ピンと密着。つや玉輝く肌へと導く美容液

美容成分で肌を包み込むストレッチング処方で、ピンと密着。引き上げるようになじませるのがおすすめです。
>>つけかえ専用レフィルはこちら

 

マッサージローラーつきの美容液

厳選成分配合の先進の美容液をエリクシール独自開発のマッサージローラーでほおやフェイスラインを筋肉の流れに沿って引き上げながらなじませます。マッサージが苦手...という方におすすめですよ。
>>つけかえ用はこちら
>>使い方を動画でチェック!

 

透明感あふれるハリ肌に導く美容液

肌ダメージが重なりやすい大人の肌に着目! 洗顔後の肌に美容成分をしっかり届けます。うるおって透明感のあるハリ肌へと導きます。
>>使い方を動画でチェック!
>>お店で購入の場合はこちら

 

\おすすめクリーム/

ふっくらと弾み返すようなハリ肌へ導くクリーム

みずみずしくうるおいに満ちたハリを持続させるクリーム。こっくりしたテクスチャーで、ふっくらと弾み返すようなハリをもたらします。
*年齢に応じたうるおいケア。

 

見た目も気持ちも明るくなる「ビタミンカラー」のメイクテクニック

ここからは、資生堂ヘアメイクアップアーティスト・齋藤有希子さんが「ビタミンカラー」を取り入れたアイメイクをレクチャーします! 目もとのフレッシュなカラーで、いつもとひと味違った「いい顔」に!

HOW TO

【アイメイク】ビタミンカラーでフレッシュに

1.肌なじみのいい「ビタミンオレンジ」のアイシャドウを、上まぶたのアイホール全体と下まぶたになじませます。

2.目頭中心に、「淡いグリーン」のラメシャドウをON。

3.上まつ毛はブラック、下まつ毛にはグリーンのマスカラを塗布。マスカラは、ツヤ感の高いタイプを使うことで、アイシャドウとのまとまりもアップします。

>>その他のパーツのメイク方法はこちらをチェック!

\使用アイテムはこちら/

大人の肌にもしっくりなじむ、ビタミンオレンジのアイシャドウ

どんな色の組み合わせでもなじんで、目もとを明るく見せるパウダーアイシャドウ。肌なじみがよいため、大人でも使いこなしやすいビタミンカラーのオレンジです。
>>カスタマイズケースはこちら

 

ポイント使いで印象的に仕上がる、キウイグリーンのアイシャドウ

まぶたの中央や涙袋に重ねて、きらめきのアクセントを。グリーンのラメシャドウは、悪目立ちせず目もとに明るさを与えられるので、大人にもぴったりです。
>>カスタマイズケースはこちら

 

まつ毛ケアまでできる美容液マスカラ

まつエク級のロング&カールに仕上がりぱっちり目もとに! つけている間中まつ毛を集中補修して、使うたび、ハリ・コシのあるまつ毛に導きます。

 

クリアな発色のカラーマスカラ

クリアな発色で、カラーフィルムのように重ねるたび鮮やかなカラーが楽しめます。自まつげフェイクファイバーリキッドで、まるで自まつげが伸びたかのような繊細ロングと上向きカールを実現。大人の目もとをぱっちり仕上げます。


いかがでしたか?
豊かな表情のポイントとなる目もと&口もとのケアやメイク方法をしっかりマスターして自分らしい「いい顔」でお過ごしくださいね♪

\#みんないい顔 スペシャルムービー公開中/
笑ったり、泣いたり、悩んだり...
ささやかな表情の行き交う毎日は、ここからもっと広がることでしょう。
さまざまな表情で、いい顔あふれるスペシャルムービーを特別サイトで公開しています。ぜひチェックしてみてくださいね。
>>特別サイトはこちら

[あわせて読みたい記事]

>>気になる「ほうれい線」に簡単マッサージ!むくみ&たるみを予防するおすすめアイテムも♪
>>【大人のチーク&リップ悩み】40代が気をつけるべき見直しメイクポイントとは?


photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 表情のポイントは目もと&口もと!おすすめケア&メイクアップで「#みんないい顔」