美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

肌荒れ・乾燥肌対策に!おすすめレシピ

肌荒れ・乾燥肌対策におすすめの栄養素・成分

  • ビタミンA
  • β-カロテン※
  • β-クリプトキサンチン※
  • セラミド
  • D-アミノ酸

※β-カロテン・β-クリプトキサンチンは必要に応じて体内でビタミンAにかわります

肌荒れ・乾燥肌対策におすすめの食材

オススメの食材リスト

肌荒れ・乾燥肌に悩む人へのインナーケアアドバイス

POINT 1

簡単!うるおい肌をつくる食べ方

かさつく肌に必要な成分、セラミドたっぷりの肌になるには、ブロッコリー、とうもろこし、生芋こんにゃくがおすすめ! 例えば、手作りMY弁当には、彩りをかねて、ブロッコリーをプラス。とうもろこしは、茹でると栄養素も味もお湯に流れ出てしまうので、ラップをしてレンジでチン。こんにゃくを選ぶ時には、表示をチェックして、ぜひ「生芋」こんにゃくをチョイスして。また、ヨーグルトや納豆、黒酢などの発酵食品、アボカド、トマト、バナナなどには、かさつき肌に必要なバリア機能と保湿機能をUPするD-アミノ酸が含まれています。比較的、日常的に摂りやすい食材ですね。ひとり暮らしで残業続き、なかなかバランスのいい食事がとれない…そんな方はコンビニ食材を活用して。会社からの帰り道、バナナやヨーグルトなど、さくっと買えますよね。

POINT 2

グッドニュース 食べて改善効果が!

資生堂では、口から摂ったD-アミノ酸が、しっかりと肌まで届いていることを確認しました。3カ月の試験後「唇の乾燥」「目の周りのシワ」「肌のツヤ」に改善が。トライする価値アリですね。D-アミノ酸がたっぷり含まれている、チーズ(パルミジャーノ・レッジャーノ)や納豆、黒酢などの発酵食品、アボカド、トマト、バナナなど。日頃から、これらの食材を意識して摂るように心がければ、乾燥など、外部の悪影響にブレない肌に変わっていくはず。

POINT 3

ターンオーバーを整えるために、毎朝100%みかんジュース

肌の生まれ変わりを助けるビタミンAは、レバーやうなぎに多く含まれます。がんばって食べたいところですが、毎日摂ることは難しいですね。そんな時の味方が、かぼちゃやほうれん草、にんじんなど。これら緑黄色野菜のカロテンは、油を使って炒めたり揚げたりすると、さらに吸収がよくなります。かさつきには適量の脂質も必要なので、一石二鳥。また、かんきつ類もおすすめ。果汁100パーセントのみかんジュースを常備しておくのも手ですね。

※ 緑黄色野菜のβ‐カロテンや、かんきつ類のβ‐クリプトキサンチンは、必要に応じて体内でビタミンAに変換されます

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 肌に効くお料理レシピ > 肌荒れ・乾燥肌が気になるあなたへ