美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2018/07/05

【7月の肌】キレイなひとは知っている!?紫外線が降り注ぐ真夏のケアって?

【7月の肌】キレイなひとは知っている!?紫外線が降り注ぐ真夏のケアって?

いよいよ真夏! 7月が到来しましたね♪ プールやキャンプ、バーベキューなどアウトドアのイベントを予定されている人も多いのでは?

そこで問題! 肌にもたらす7月の環境(湿度・温度・紫外線)について、あなたはどれだけご存知ですか? 湿度・紫外線ともに上昇する季節だからこそ、ポイントとなるスキンケアを知って、キレイをキープしましょう♪

紫外線対策を万全にする時季! 湿度の高さもポイントに

7月の紫外線は「量」「強さ」ともにピークをむかえます。日焼け止めや、紫外線から肌を守る乳液、化粧下地、ファンデーションなどを上手に活用して万全な対策をしておきたいところ。
また、ジメジメ湿気とムワッとする暑さがクセモノ。皮脂や汗の影響でファンデーションが崩れたら、化粧直しをすることも紫外線対策のひとつです。こまめな塗り直しで日中の紫外線から肌を守ることを習慣に。

7月の肌にこんなこと感じませんか?

紫外線が強くなるこの時期、メラニンが過剰に生成され「日焼け、シミ・そばかす」が目立ってきていませんか? また紫外線を浴び続けることにより、肌内部のコラーゲンなどがダメージを受け「ハリのなさ」が気になりはじめることも...。

この時期のケア3カ条

紫外線から肌を守る

紫外線が強い7月は、シーンに合わせて紫外線対策をすることがポイントです! 
日常生活では、UVカット機能をもつ乳液、化粧下地、ファンデーションなど日焼け止め止め用アイテムで紫外線から肌を守りましょう。
そして外出時には帽子、日傘などで日差しを防ぎましょう。曇りの日でも、紫外線は思いのほか強いので油断禁物!

レジャーシーンでは、出かける地域の紫外線の強さや、紫外線を浴びる時間帯などを考え、サンケアアイテムを選ぶことが重要。紫外線が強い屋外にいることが多い場合はSPF、PAとも高いものを選びましょう。レジャーシーンに合わせて、汗・水に強いものもおすすめですよ。
そして海やプールで泳いだ後や、タオルで拭いた後などは必要に応じて塗りなおしてください。海水浴時には2~3時間毎につけ直すようにしましょう。

>>日焼け止めアイテム一覧をチェック

メラニンの過剰生成を抑える

紫外線の量、強さともに高い7月はサンケアだけでなく美白ケアも取り入れましょう。
紫外線のダメージが蓄積すると、メラニンが過剰につくり続けられるようになり、ターンオーバーも乱れがちに。すると、メラニンが排出されず皮ふ内部に蓄積され、シミとなります。
お手入れは、美白効果のある美容液やマッサージ、マスクなどがおすすめ!

>>美白美容液をチェック

紫外線ダメージを受けた肌のケア

紫外線をたっぷり浴びた肌には日々のケアを続けながら、スペシャルアイテムなどを取り入れ、肌を十分にいたわってあげて。

>>「シワを改善する」効能を取得した医薬部外品のクリームをチェック

朝使う場合は、レチノールの効果を守るために、紫外線カット効果のあるアイテムを使ってくださいね。

スマホで簡単に肌測定ができる「肌パシャ」アプリも試してみて! 日々変化する気温・紫外線・湿度も毎日教えてくれますよ。テクノロジーの力で、自分の肌を知り、あなただけのアドバイスが届く...その習慣がきっと、美肌へと近づけてくれるはず♪

さぁ、キレイの秘訣を知ったら、自信に満ちた肌とおでかけしましょう♪

※美白とは メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 【7月の肌】キレイなひとは知っている!?紫外線が降り注ぐ真夏のケアって?