美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2018/05/02

手を汚さずメイクの上から重ねづけ可能!「透明スティック状日焼け止め」で春の紫外線ケア

手を汚さずメイクの上から重ねづけ可能!「透明スティック状日焼け止め」で春の紫外線ケア

日差しにぬくもりを感じるようになってきましたね。ということは、紫外線も徐々に強くなっているということ! この時期のUVケアってどうするのがベストなんだろう...と悩んでいる方も多いのでは? そこで今回は、資生堂Webビューティーコンサルタントの青木若奈さんに、春先の紫外線ケアにピッタリなアイテムを教えてもらいました。

ベースメイクに重ねづけできるUVケアが欲しい!

紫外線は年間を通じて地表に降り注いでいますが、紫外線量は日照時間に大きく関係します。特に日照時間が長くなり始める3月以降は、しっかりとした紫外線対策が必要です。でも、まだベースメイクは手持ちのものを使い続けたいのだけど...という方も多い時期ですよね。「今使っているベースメイクに、UVカット力をプラスすることができたら...」そんな願いを叶えてくれるのが、「資生堂 クリアスティック UVプロテクター」です。

超便利! 透明スティック状サンスクリーンって?

資生堂 クリアスティック UVプロテクター」は、全身に使えるスティック状の透明サンプロテクター。透明スティックタイプで直接肌に均一に塗布でき、なじませる必要もないので手が汚れません。しかもメイクの上からも使えるという、とても便利なアイテムです! 紫外線カット力はSPF50+・PA++++なので、春先はもちろん真夏でも使えます。また、汗や水に触れると紫外線防御膜が強くなる*資生堂独自の「ウェットフォーステクノロジー」を搭載しているので、長時間外にいる時やスポーツシーンにもおすすめ。さらに「ハーモナイズ香料」を配合し、気になる汗の臭いを芳しい香りでカバー! 日焼け止め特有のきしみやベタつき、皮膜感なども少ないので、いつでもどこでも気軽で快適なUVケアが叶いますよ。
※サンスクリーン膜の均一性を高め、安定に保つ

スティック状だから、こんなシーンで役立つ!

化粧直しの際にメイクの上からサッと塗って紫外線対策するのはもちろん、お気に入りのベースメイクだけどUVカット力が低めで不安を感じる際に重ねづけするのも◎。また、携帯性に優れているので、カバンの中に忍ばせて、急な外出や天候の変化で紫外線が気になったらパッと対応できる点も魅力。スティック状なので、見えにくい首の後ろにも塗りやすく、手が汚れないのでスマホやPCをすぐ触るシーンにもおすすめです。
外出先で紫外線が気になったらすかさず塗り直しが出来たり、動き回る子供にもパパッとひと塗りできたりと、使えるシーンは盛りだくさんです!

塗り方のコツを伝授

スティックを容器から1cmほど繰り出し、肌に直接フィットさせながらゆっくり動かし、塗りムラのないようにたっぷりと塗りましょう。顔に使用する場合、額や頬は、塗ったところが重なるようにジグザグに。目のキワや鼻の周辺などスティックがフィットしにくい部分は、指でスティックをなでるようにして取り、なじませると◎。

ボディに使用する場合、腕や脚、首などは、顔と同じくジグザグに。手の甲などは凹凸にフィットさせて塗ります。フィットしにくい部分は、指でスティックをなでるようにして取り、なじませるのがおすすめです。落とす時は、普段使用している洗顔料で洗い流すことができますよ。

メイクの上からの重ねづけや、外出先での急な紫外線対策にもぴったりな「資生堂 クリアスティック UVプロテクター」。春以降の紫外線ケアのお供として、ぜひカバンに入れておきたいアイテムです!

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webを通してお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。お肌の悩みや商品の使い方から今さら聞けない悩みまで、LINEを通じて気軽にご相談いただけます。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/lc/index.html

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 手を汚さずメイクの上から重ねづけ可能!「透明スティック状日焼け止め」で春の紫外線ケア