美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2023/07/03

【7月の肌】紫外線ピーク&暑さと湿気!真夏のスキンケア&おすすめアイテム

【7月の肌】紫外線ピーク&暑さと湿気!真夏のスキンケア&おすすめアイテム

いよいよ真夏! 7月が到来しましたね♪ 紫外線・湿度ともに上昇する季節なので、スキンケアのポイントをマスターして、キレイに磨きをかけましょう♪

7月の肌環境、このようなこと感じませんか?

✅紫外線を浴びたからシミが気になる...
✅皮脂や汗でファンデーションが流れてしまう...
✅蒸し暑くて大量に汗をかいてしまう...
✅暑くてお手入れが億劫に感じる...

7月の肌環境って?

出典:気象庁過去データ

7月の紫外線は「量」「強さ」ともにピークを迎えます。シミのもととなるメラニンは、紫外線を浴びることによって肌の奥で生成が始まり、紫外線を浴びた後の3~4日目からメラニンは増え始めるといわれていますので、紫外線を浴びたらすばやくケアを取り入れましょう。

また、ジメジメ湿気とムワッとする「暑さ」もクセモノ。大量の汗や過剰な皮脂によってファンデーションが崩れやすいため、その隙を狙って降り注いでいる紫外線には特にご注意を。さらに、うだるような暑さでお手入れそのものを億劫に感じることも...。あれこれ塗り重ねてべたつきを感じてしまうより、肌と心にここちよさを感じられるようなお手入れを取り入れたいものです。

それでは、7月のお手入れポイントをご紹介していきますね!

7月のケア3カ条

①メラニンの過剰生成を抑えて、シミを防ぐ!
②汗・べたつきを抑えて化粧崩れ&うっかり日焼けを防ぐ!
③冷やしスキンケアで肌をひんやりシャキッと!

①メラニンの過剰生成を抑えて、シミを防ぐ!

紫外線の量、強さともに高い7月はUV対策だけでなく本格的な美白ケアがおすすめです。紫外線をたっぷり浴びた肌は、メラニンが過剰に作り続けられるため、美白有効成分を配合した「美白美容液」や「美白マスク」などの美白のスペシャルケアを積極的に取り入れるとよいでしょう。

紫外線ダメージでターンオーバーが乱れてメラニンが排出されず肌内部に蓄積されがちな肌は、透明感まで失われ、濃いシミが目立ちやすくなり、どんより暗い印象に...。ダメージにまっすぐ届く早めのケアがとても重要です。

\メラニン生成を抑えてシミを防ぐ! おすすめアイテムは?/

内側から輝きを放つような「美発光肌」へ導く、美白美容液

シミができる肌特有のダメージ状態を徹底的に研究。独自処方で美白有効成分をシミのもとに速く深く届ける、「深透体験*」により、シミの原因に根本アプローチ。メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎます。さらにうるおいを与えながら肌環境を整えてくれる明るく澄んだ透明感のある肌へ導きます。エイジツエキス(整肌・保護)と、なじみを助ける導入保湿成分**を配合。明るく澄んだ透明感のある肌へと導きます。
*美白有効成分がシミのもとまで「深く」浸透することを表す言葉
**キシリット、ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン、濃グリセリン

 

美白有効成分をW配合! クリアな肌へ導く美白美容液

ホリスティック発想の美白美容液。美白有効成分「m-トラネキサム酸*」と「4MSK**」をW配合。シミの根本原因にアプローチ。メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐとともに、うるおって澄みわたるクリアな肌へと導きます。フローラルの香りも心地よくお手入れタイムを優雅な気持ちにしてくれます。
*m-トラネキサム酸(トラネキサム酸)
**4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)

 

うるおって、透明感あふれる肌へ導く薬用美白マスク

紫外線などの影響を受けた肌をうるおいでほぐし、美白有効成分を深く浸透させるシート状マスク。薬用美容液エッセンスとマスクの2ステップケアで、うるおったクリアな肌へと導きます。マスク中のひんやり感とマスク後のしっとり感が◎!

 

②汗・べたつきを抑えて化粧崩れ&うっかり日焼けを防ぐ

気温と湿度の上昇にともない、汗・皮脂の分泌が増える7月。汗が余分な皮脂と混ざることで、化粧崩れが起きやすくなります。毛穴が気になる肌もシャキッと引きしめる効果がある「収れん化粧水」などを取り入れて、肌をサラッと保つのがおすすめです。

またせっかく紫外線対策をしても、皮脂や汗で崩れると、そこから紫外線ダメージが入り込んでうっかり日焼けの原因に。紫外線ダメージからしっかりガードするためには、「フィット感があり、崩れにくいファンデーション」を使ったり、「メイクを固定させる効果のあるミスト」を取り入れたりすることもおすすめです。

\化粧崩れ&うっかり日焼けを防ぐ! おすすめアイテム/

皮脂を抑えてサラサラ肌に保つ、薬用美白収れん化粧水

余分な皮脂を吸着するパウダーが、ベタつきや化粧崩れを防ぎ、透明感に満ちた肌を保ちます。コットンでしっかりパッティングすることで、毛穴が気になる肌をキュッと引きしめ、過剰な皮脂の分泌を抑えます。さらに美白効果も期待できます!
*美白とはメラニンの生成を防ぎ、シミ・そばかすを防ぐことです

毛穴が気になる肌を引きしめるミスト状収れん化粧水

美容成分を含んだジェリーがミストに変化し、真夏の肌を快適に守ります。皮脂や汗によるべたつきを抑え、ひんやりとみずみずしい肌に整えてくれる収れん化粧水です。バッグの中に忍ばせて、メイクの上からささっとお手入れできる点も◎。

 

UVブロック・下地・ファンデーションがこれ1つで♪ つや美肌UVパクト

夏の紫外線をしっかりカットしつつ、陶器のような「つや美肌」を演出するアネッサのファンデーション。崩れにくく、肌にぴったりフィット。化粧もちがよく、日常はもちろん、スポーツ・レジャー・海・プールにも。
*毛穴、シミ、そばかすカバー、よれ・皮脂崩れ(資生堂調べ、効果には個人差があります)

 

ファンデが密着し崩れにくい! 感動の化粧もちミスト

メイク後にシュッとひと吹きするだけでファンデが密着し、長時間崩れにくく! 皮脂・汗・水にも対応するので、真夏の化粧崩れ対策にも◎です。

 

③冷やしスキンケアで肌をひんやりシャキッと!

汗は、「額・髪の生え際・首・デコルテ」など、皮ふ温が高い部分から流れ出ます。そのため汗をかく前の予防として、額や髪の生え際、首やデコルテなどをスキンケアのひんやり感を利用すると効果的! 「冷蔵庫で冷やして使えるスキンケアアイテム」を上手に取り入れるとGOODです!

また、汗をかいてしまったら、汗をティッシュなどで抑えた後、ミスト状の化粧水を使ったり、保冷剤、冷やしタオルなどで首の後ろや脇の下などの血管を冷やすなどして、皮ふ温を下げましょう。

※すべての化粧品が冷やして使用できるわけではありません。
冷蔵庫で保管し品質保証確認を行った、冷やして使用することで心地よさや効果実感が得られる商品のみ掲載しています。
冷蔵庫で保管した場合は、使用後はすぐに冷蔵庫に戻してください。急激な温度変化は品質の安定性を損なう可能性がありますので、保管場所を変えないでください。冷凍庫では絶対に保管しないでください。
また、冷蔵庫を複数の人で使用している場合、食べ物ではないことを伝えて冷蔵庫で保管ください。

\冷蔵庫で冷やして使える! おすすめアイテム/

ひんやりジェルが心地いいスリーピングパック

夜のお手入れの最冷蔵庫で冷やして使えば、美白有効成分「m-トラネキサム酸*」配合のみずみずしいジェルが肌をひんやり快適に包み込みます。うるおいに満ちたハリと透明感、そして「つや玉」が輝く肌に!
*メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ、トラネキサム酸

 

まるでシートマスクしたみたいにうるおう薬用高保湿化粧水

手でなじませるだけで、まるでシートマスク後のような深いうるおいを充実補給。乾燥による年齢サイン*を目立たなくして、明るいハリツヤ肌へと導きます!
*つや・ハリ・透明感のなさ、きめの乱れ

 

毛穴が気になる肌をすっきり引きしめる収れん化粧水

朝・夜の乳液後、コットンでパッティングしながら毛穴が気になる肌をすっきり引きしめる収れん化粧水。みずみずしくハリのある美しい肌をキープ。冷蔵庫で冷やして使えば、真夏でもここちよくお手入れできますよ。


いかがでしたか? 7月のお手入れポイントをマスターして、うだるような暑い夏を快適に、美しくお過ごしくださいね♪

*美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことです

\今月は私たちがキレイのヒントをお届けします/

\季節の肌悩みは美容部員にご相談を!/


[あわせて読みたい記事]

>>急げば間に合う!日焼けで後悔しないために行うべきアフターケア&おすすめアイテム
>>【おすすめ日焼け止め&UVケア15選】外出先の塗り直し用、デリケート肌用...シーン&タイプ別選び方!


photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 【7月の肌】紫外線ピーク&暑さと湿気!真夏のスキンケア&おすすめアイテム