美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2018/09/03

【9月の肌】キレイなひとは知っている!?紫外線をたっぷり浴びた残暑の肌ケアって?

【9月の肌】キレイなひとは知っている!?紫外線をたっぷり浴びた残暑の肌ケアって?

秋の気分に差し掛かる9月が到来! この夏は屋外のレジャーを思いっきり楽しんだ人も多いのでは?
そこで問題! 肌にもたらす9月の環境(湿度・温度・紫外線)について、あなたはどれだけご存知ですか? 紫外線がまだまだ気になる季節だからこそ、ポイントとなるスキンケアを知って、キレイをキープしましょう♪

肌への紫外線の影響はピークを脱出!でもまだまだ紫外線は油断できない時季

9月の紫外線は8月より「量」は減るものの「強さ」まだ高い状態です。
日焼け止めや、紫外線から肌を守る機能がある乳液、化粧下地、ファンデーションなどを上手く活用して油断しないようにしましょう。

9月の肌にこんなこと感じませんか?

今まで紫外線を受けた肌のダメージが、いよいよ肌に現れてしまう頃。もし春先から紫外線ダメージのケアをしていなかった場合、メラニン生成がピークを迎える可能性があります。また肌の不調を感じやすいのがこの頃で、肌荒れが長引くと肌の生まれ変わりを乱し、メラニンが蓄積してしまいます。夏の疲れも一気に出て、血行不良を起こし、くすみを引き起こしてしまう可能性も。

この時期のケア3か条

✓真夏に受けた肌のダメージケア①

夏の間浴び続けた紫外線の影響で「シミ・そばかす」や「乾燥くすみ」が目立つ前に
日々のケアでうるおいを肌に与えるだけでなく、美白効果があるマスクなどで肌を十分にいたわってあげて。
※美白とは メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと

>>おすすめのマスク一覧をチェック

✓真夏に受けた肌のダメージケア②

夏の屋外はカンカン照りで強烈な暑さ、一方室内に入ると冷房がキンキンに効いて涼しい環境。このような室内外のギャップに肌が疲れがちになっているかも。そんなときは血行不良になってくすみを引き起こさないようマッサージがおすすめ!

>>マッサージの方法をチェック

✓UV対策も抜かりなく

日常生活で知らずに長い間紫外線を浴び続けることで影響が蓄積する「生活紫外線」と呼ばれているUV-A。長期的に浴び続けると、真皮内の繊維芽細胞、コラーゲンなどにダメージを与え、しわ、たるみの原因になることも。
9月はまだ紫外線の強さがあるなので、日常生活でも引き続きUV対策しましょう。

>>日焼け止めアイテムを一覧をチェック

スマホで簡単に肌測定ができる「肌パシャ」アプリも試してみて! 日々変化する気温・紫外線・湿度も毎日教えてくれますよ。テクノロジーの力で、自分の肌を知り、あなただけのアドバイスが届く...その習慣がきっと、美肌へと近づけてくれるはず♪

●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 【9月の肌】キレイなひとは知っている!?紫外線をたっぷり浴びた残暑の肌ケアって?