美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

大人のニキビ対策に!おすすめレシピ

大人のニキビ対策におすすめの栄養素・成分

  • ビタミンA
  • β-カロテン※
  • ビタミンB1
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンC
  • ローヤルゼリー

※β-カロテンは必要に応じて体内でビタミンAにかわります

大人のニキビ対策におすすめの食材

オススメの食材リスト

大人のニキビに悩む人へのインナーケアアドバイス

POINT 1

ウチ飲みのおつまみは、プロセスチーズを定番に

ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を整えること。抵抗力をつけて化膿を防ぐこと。ニキビ対策に必要なそのふたつの役割を担うのは、ビタミンAです。レバー、うなぎ、プロセスチーズなどに多く含まれています。居酒屋や焼き鳥屋での外食では、ぜひレバーをチョイス! ウチ飲みのおつまみには、プロセスチーズで。緑黄色野菜も、積極的に摂りましょう。油を使って炒めたり、揚げたりすると、さらに吸収がよくなりますが、油の量は控えめに。揚げものなら、パン粉などの衣をつけない素揚げや唐揚げの方がおすすめです。
かんきつ類も、ぜひ毎日。果汁100%のみかんジュースを常備しておけば、慌ただしい朝食の際にも、簡単に摂れますね。

※ 緑黄色野菜のβ‐カロテンや、かんきつ類のβ‐クリプトキサンチンは、必要に応じて体内でビタミンAに変換されます

POINT 2

ホルモンバランスや生理周期に着目した食べ方を

生理前になると、ポツポツと。そんなあなたは、ビタミンB6をいつもより意識して摂ってください。例えば、まぐろの赤身、鮭、ささみ、バナナなど。ビタミンB6は、過剰な皮脂の分泌を抑える栄養素ですが、排卵日から生理日前日までは、不足しがちです。そのうえ、この期間には、脂肪分の多いものや甘いものが無性に食べたくなる! という方が多いようです。でも、この期間こそガマン! チョコレートなどのスイーツは、皮脂の分泌量を増やすことが考えられるので、要注意です。この期間を乗り越えるため、おやつは、チョコより、バナナで! また、女性ホルモンのエストロゲンによく似た働きのある大豆イソフラボンは、豆腐や大豆製品全般に含まれています。ホットミルクにきなこを混ぜて飲むのもよし、煮豆をたっぷりつくって、ちょこちょこ食べるのもよし。手軽に摂れますね。

POINT 3

イライラ、もやもや…ストレスを緩和する、ビタミンたち

ストレスの自覚がある方も、ない方も、ニキビ対策に試してみる価値あり! の食材を紹介します。まず、ストレスを和らげるホルモンの生成に欠かせないのが、ビタミンCです。体内でビタミンCをつくることができないので、食で補うしかありません。野菜、フルーツ、いも類をしっかり食べましょう。ビタミンCは調理過程で壊れやすいので、野菜やフルーツは、できればそのまま。一方、いも類は、ビタミンCがでんぷんで保護されているため、さまざまに調理OK。定番のポテトサラダ、肉じゃが、コロッケ以外にも、じゃがいもレパートリーを増やすといいですね。そして、ビタミンB1も大切。なんと、ストレスを感じるとビタミンB1が減り、さらにストレスを感じる…という悪循環に。豚やハム、枝豆、たらこなどで、しっかり補いましょう。もうひとつは、ビタミンB6。鎮静効果もある栄養素です。上の項目に挙げた、まぐろの赤身、鮭、ささみ、バナナ、その他には、豚ヒレ肉、鯖、牛肉赤身など…。しっかり食べて、ストレスに振り回されない肌、身体、心をつくりましょうね。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 肌に効くお料理レシピ > 大人のニキビが気になるあなたへ